本当に効くクラミジア治療薬はどれ?あなたにあったお薬をご紹介します。

クラミジアとは

クラミジアとは

クラミジアとは、クラミジアトラコマチスという細菌によって感染してしまう性感染症のことです。
実は日本国内の性感染症の中で一番感染者が多いとされている性感染症で、特に若い世代に多くなっています。
なぜ、日本で一番感染者が多いのかと説明いたしますと、その原因の多くは自覚症状が少ないことが挙げられます。
自覚症状が出ないので、感染したことに気づかず、放置してしまいまたほかの人に感染させてしまうのです。
特に女性は全く感染してることに気付きにくく、妊婦健診の際の検査で初めて感染していたことに気付くという方もいらっしゃいます。

女性の場合、織物が少し多くなったなどもありますが、やはり感染してることには気づきにくいです。
男性でも、自覚している方は少なく、尿道炎になって初めて気づく方もいらっしゃいます。
女性の場合放置してしまうと、不妊症になりやすくなり、子宮外妊娠なども起こしてしまいます。
妊娠できても流産の確率も上がり、出産まで至っても自然分娩の場合生まれてきた子供に感染させ肺炎を起こさせてしまいます。
女性特有の疾患も起こしてしまったりと実は怖い病気なのです。
しかも男女共通して言えるのが、HIV感染や他の性感染症に感染してしまう確率が非常に高くなってしまうのです。

HIV感染症は通常時よりも3倍から5倍へも確率が上がって今います。
クラミジアは感染率も非常に高く、70%の確率で感染してしまうといわれています。
この確率は、二回同じ感染者と性行為をすることで100%感染してしまうといっても過言ではありません。
パートナーが感染していた場合、自分も確実に感染してると思ったほうがよいでしょう。
感染経路は性器同士だけではなく、咽頭などにも感染します。
性器を舐める行為だけでも感染してしまいます。
風俗などで本番がない場合でも感染してしまうので注意が必要となります。

クラミジアは女性のほうが感染者が多いとされています。
自覚が難しいのと、感染経路などから女性が多い明確な理由です。
もし、感染してるかもと感じたた時は早めに検査しましょう。
この性感染症は治療薬で治療することが可能です。
早めに治療することで、治りも早いですし、何より感染を防ぐことが可能となります。

 クラミジアの症状と感染経路についてはこちら
 クラミジアの体験談はこちら