本当に効くクラミジア治療薬はどれ?あなたにあったお薬をご紹介します。

クラミジア感染率

クラミジア感染率

クラミジアの感染確率は非常に高く、コンドームを使用せずに性交を行った場合、50%以上の確率と言われています。2回に1回の割合で感染してしまうという事になります。しかし、コンドームを使わなかったとしても、膣の中で射精しなければ、感染率は低くなると言われており、性器同士があまり触れなければ感染する確率はさらに下がると言われています。

しかし、それでも感染するリスクが高いのは事実であり、気をつける必要があります。咽頭クラミジアに感染しているケースも一緒で、フェラチオなどのオーラスセックスで、膣からのクラミジア感染率と口からのクラミジア感染率は?「膣と口」どちらかと聞くと正直なところ膣よりは口が感染率が低いと思うのが男性の心理かと思います。実際はクラミジア感染率は全く変わりません。ただ、50%以上の感染率は精液と膣の分泌物の中に含まれている「クラミジア菌」の量とセックスの時間まで、状況によっては変わってきます。クラミジアの感染率は男性と女性で比較をすると日本では男性の患者に比べ、女性の患者が20%程多いとの事が報告されています。

また、クラミジアに感染した男性の半分で症状が出始めるのに対しては女性は2割しか症状がでません。男性に比べ女性は約5倍の患者がいると考えられているのが事実です。これは物理的な話ですが、クラミジア・トラコマチスは、60度以上の環境の中で10分以上居ると、確実に死にます。いうなれば60度以上保てる場所や空間であれば、感染する可能性は大幅に下げる事が出来ると言うことです。しかし60度以上となると我々人間が先に参ってしまいます。現実的ではありません。

クラミジアの放置によってHIV感染率がどれくらい上昇するかというと、通常の3倍から5倍と言われています。クラミジアは感染率も非常に高く、70%の確率で感染してしまうと言われており、このクラミジア感染率は、2回同じ感染者と性行為をすることで100%感染してしまうといっても過言ではありません。また、パートナーが感染していた場合、自身も感染していると疑ったほうが良いでしょう。クラミジアという性病に関しては『病気』とうい考え方を改め、『細菌』つまり生物として考えるのが無難かもしれません。1人1人がクラミジア菌の実体を、そして感染症に関しての知識を持つことで、それに見合った適切な予防がクラミジア感染率を減らす事になるでしょう。

クラミジアとは

クラミジアとは

クラミジアとは、クラミジアトラコマチスという細菌によって感染してしまう性感染症のことです。数々のサイトを閲覧していると、クラミジアをウィルスと記している記事をよく見かけますが、クラミジア科に属される細菌の一種で『性器クラミジア感染症』『鼠径リンパ肉芽腫』の原因となる細菌です。人体に害を及ぼすのはトラコマチスの中のTrachoma型とLGV型で2種類と言われています。

更に言うと、血清型でタイプもあり、18種類のタイプが存在します。このクラミジアは人間の細胞内に寄生をします。その宿主から栄養を奪い、自力で生存し増殖しているのが実態です。3日という短い日数で別の細胞を求め、増やすことに成功した後に宿主細胞を探し求め細菌を放つサイクルが習性となっています。性病とか自分には関係無いと考えている方は多いかと思いますが、実はこのクラミジアは、日本国内の性感染症の中で一番感染者が多いと言われています、特に若い世代での感染が年々上昇している傾向があります。なぜ、日本で一番感染者が多いのかと説明いたしますと、意外な理由でその原因の多くは自覚症状が少ないことが挙げられます。自覚症状が出ないので、感染したことに気づかず、放置してしまいまたほかの人に感染させてしまいます。

特に女性は全く感染してることに気付きにくく、妊婦健診の際の検査で初めて感染していたことに気付くという方もいらっしゃいます。女性の場合、織物が少し多くなったなどもありますが、やはり感染してることには気づきにくいです。 男性でも自覚している方は少なく、尿道炎になって初めて気づくケースが主です。女性の場合放置してしまうと、不妊症になりやすくなり、子宮外妊娠などがおきる可能性をもっています。妊娠できても流産の確率も上がり、出産まで至っても自然分娩の場合生まれてきた子供に感染させ肺炎を起こさせてしまうリスクを抱えてしまいます。性交を行った場合、自身の身体に少しでも異常を感じた場合は病院で診断してもらうと良いでしょう。

 クラミジアの症状と感染経路についてはこちら
 クラミジアの体験談はこちら