本当に効くクラミジア治療薬はどれ?あなたにあったお薬をご紹介します。

性病とは

性病とは

性病について(クラミジア主体で淋病や梅毒も含め)性病感染を自分とは全く関係ない世界の話だと感じる方は多いのではないでしょうか?
しかし実際問題、セックスに対する浅はかな知識で、性病予防もせず不特定多数の人とセックスしている人はたくさんいらっしゃいます。
自分は関係ないと思っていても、もし相手に自分の知らない一面や実は特別な関係になる前から感染していたら知らない間に自分も感染してしまってるケースも多々あるんです。

症状や感染経路などは様々ですが、根本的にはすべてセックスによる行為で感染します
通常のノーマルセックスやオーラルセックスなど全ての方法で性病は感染するのです。
潜伏期間は性的な接触があってからほとんど3日から1週間で発症しますが、中には長い期間を経て発症する性病もあります。

性病はすべてをまとめて医学的用語でSTDと言い、「Sexually Transmitted Diseases」の頭文字から取られており、STDは世界でも蔓延している国もあって、生命にかかわることから国によっては深刻な問題として取り上げられているのです。
日本で一番多い性病は実はクラミジア感染症でその多くが若い女性の感染者だとされています。
じつはクラミジア感染症は自覚症状が乏しく感染していることに気付かない人がほとんどなのです。
他にも感染者が多いSTDとして、淋病や梅毒などもありますが、クラミジアはこれらの感染症とは比べ物にならない感染者数です。
症状は気づかない人が多いですが、感染を放置してしまったがために不妊症になってしまったり、重度な女性特有の疾患になったり、最悪な場合は男女共通して言えるのですがHIVなどに感染してしまう確率が通常時よりも3倍~5倍にも膨れ上がってしまうのです。

STDは症状の軽いものから重いものまでありますが、他の人に感染させてしまうのはすべて共通しています。
自分は症状が軽いから大丈夫と考えていても他の人か同じSTDに感染し命に係わる重症な症状が出てしまう可能性もあるという事を忘れてはいけません。
性病は予防することもできれば、治療がすぐできるものもありますので自分ができる事を見つめなおしてみましょう。

 ジスロマックの性病以外への効果についてはこちら
 性病体験談についてはこちら