咽頭クラミジアの症状は風邪と間違えやすい?
主な感性経路は口を使った性行為、早期発見が鍵となります。

咽頭クラミジアの原因となる細菌はどうやって感染するの?

咽頭クラミジアの主な感染経路は口を使った性行為!

唇

女性に限ってはクラミジアに感染している自覚症状自体があまりありません。これが俗に言う咽頭クラミジアです。自覚症状がないという事は口の中に異変がないという事、自覚症状がない中では言ってしまえば普通の状態です。

オーラルセックス(性行為の前戯)で、キスやフェラチオなどを指します。キスは気持ちを伝える上で一番てっとり早く表現としてもベターなので、女性は簡単にキスをしてしまいます。そのキスをする際に粘膜で生存しているクラミジア菌がキスという行為を介して次の感染が起きてしまします。

感染時に痛みや異変はその場では感じる事が全くないので、感染してしまった男性は気づかずにそのままやり過ごすケースで口からの感染が成立してしまいます。

フェラチオ(男性の生殖器を女性が口で舐める行為)も一緒で、口の中にクラミジア菌が生存していると男性の亀頭を舐めたり、しゃぶったりすることで「粘膜」と「粘膜」の接触によりクラミジア菌が新たに感染を拡大します。

クンニリングスも一緒で男性がすでに感染していると女性の新たに感染させてしまいます。口と一緒で感染時に痛み、違和感も全くありません。結果、そのままやり過ごしてしまい、結果的に感染が成立してしまいます。

咽頭クラミジアの原因となる細菌の感染率

サイクル感染イラスト

上記でも説明しましたが、オーラルセックスによっても高い確率でクラミジアは感染します。少し考え方を変えると挿入で感染するよりも、オーラルセックス(クンニリングスやフェラチオ)が感染するケースが確実に多いです。ではなぜ、挿入よりもオーラルセックスの感染率が高いのか。

コンドームを付けて挿入する事で予防策となり、感染確率を下げる事ができるのは確かです。これはコンドームを使うという事により予防が成立します。しかしフェラチオクンニリングスにおいてはコンドームを使わないのがほとんどかと思います。

キスに至っては防ぎようがありません。稀にコンドームを付けてフェラチオはあるとしても、クンニリングスの場合はなかなか難しいと思います。そうすると、コンドームを付けて挿入しているケースが感染率に関して低いと考えるのが妥当かと思います。予防策のない状態でのオーラルセックスの感染率が非常に高いという考えが持てます。

咽頭クラミジアは喉の感染で、性器→のど→性器へとサイクル的に感染し人を介して拡大していきます。咽頭クラミジアになる感染率は相手がクラミジア菌を持っているケースだとフェラチオは50%、クンニリングスは30%くらいだと考えられます。

咽頭クラミジアの症状は風邪と間違えやすい!?
見逃さない為には注意が必要

病院にて診察をしても咽頭クラミジアだとわからないという問題があります。主に喉の腫れや痛み、発熱といった症状が現れます。このような症状は風邪と間違われやすく、一般の風邪薬として対応されたり診察しても風邪と診断されてしまうことがあります

咽頭クラミジアはオーラルセックスで感染することが多く、心当たりのある人じゃないとまずただの風邪じゃないと気付かないでしょう。咽頭クラミジアは誤診されやすい症状なのでセフェム系の抗生物質が処方されることもあります。

その場合、このタイプの抗生物質では咽頭クラミジアは感知できないので注意が必要です。咽頭クラミジアはそれほど重い症状でないことが多いので放置してしまう人がいますが、感染する率が高いため知らずして周りの人に感染させてしまうことがありますので早急に処置する必要があります。

咽頭クラミジアが発症するまでの潜伏期間は1週間から3週間です。
過去1ヵ月以内の性行為が鍵となります。

咽頭クラミジア発症の潜伏期間の目安としては1週間から3週間が一般的です。発症の時期から過去1ヵ月以内の性行為が原因となる事が高まります。

咽頭クラミジアの自覚症状
・喉の痛み 咳 痰
・鼻水 鼻づまり
・耳閉感
・難聴
・扁桃腺の腫れ

上記の通り気になる自覚症状がでたら、先述したとおり感染の機会が過去1ヵ月以内になかったか思い出して下さい。例えば妙に身体が疲れている状態を自覚していたり、風邪などをひきやすい四季の節目などは咽頭クラミジア発症すると知らず知らず見過ごしてしまうので注意が必要となります。

咽頭クラミジアの検査は
病院だけではなく今では自宅で簡単にできます!

咽頭にクラミジアの症状があらわれた。そういった場合はいち早く検査を受けるのが良いでしょう。しかし、病院にて検査を受ける場合は性病科、耳鼻咽喉科にて検査をするのが一般的です。

例えば「誰にも知られたくない」「時間の都合がつけられない」「病院では抵抗がある」などという人も中には大勢います。この場合は通販にて検査キットを購入し、自分一人で誰にも知られる事なく自宅ですませるという選択肢があります。ちなみに保健所等では咽頭クラミジアの検査は実施されていないのが現状です。

間違いないといえるほどはっきりした自覚症状がでているケースだとすぐにでも検査はできますが、特に自覚症状がない。平たくいえば、感染直後のタイミングだったりすると明確な結果が分からないので、不安になる気持ちは勿論わかりますが最低でも3日、4日程時間が経過してから検査を受けて下さい。

咽頭クラミジアと性器クラミジア検査は一緒に受けるのが確実です。

咽頭(喉)にクラミジアの症状があらわれたら、より確実な感染の状態を確かめましょう。喉と性器で両方の検査をする事でより確実となります。放置する危険性はいうまでもなく、不妊症などより重い病気を招きます

実際に病状の度合いをいえば喉よりも性器への感染が警戒すべきです。実際に喉に感染した病原菌が感染を広げ性器まで到達する事はぜったいにありません。しかしオーラルセックスを介して相手(パートナー)の口、性器を感染経路として最後に自分の性器へと感染するケースは確実に考えられます。感染元とななる相手を特定出来る場合2人で検査を受けましょう。

自然治癒がない
咽頭クラミジアは抗生物質を駆使し、治療をしましょう。

咽頭クラミジア、性器クラミジアの症状はどちらも抗生物質を駆使しなければ治癒する事がないのが現状であり事実です。一般の風邪の症状のように自分の免疫力だけにたよった自然治癒はありません

クラミジア治療において医師が推奨する治療薬は、抗生物質はマクロライド系の『ジスロマック』アジスロマイシンを成分とした薬です。安全性は勿論、副作用も少なく臨床試験や実際に使用されている頻度から実証されています。特徴としては1回飲むだけでクラミジアを治療できる優れ物です。まず飲み忘れの心配はありません。

ジスロマックに劣らないクラミジア治療薬はもう一つだけあります。抗生物質はニューキノロン系の『クラビット』レボフロキサシンを成分とした薬です。ジスロマックと同様にクラミジアに対する効果は確実なものといえます。双方の違いといえば、クラミジアに対しての働きかけ、アプローチが違うというくらいでしょうか。ご自身にあった治療薬を選んで下さい

クラビットを通販で購入する

TOPに戻る