本当に効くクラミジア治療薬はどれ?あなたにあったお薬をご紹介します。

ジスロマックの性病以外への効果

ジスロマックの性病以外への効果

ジスロマックは新しいタイプの抗生物質で、内科だけでなく耳鼻科や歯科などでも使用されています。風邪を引いたときに病院から『ジスロマック』と書かれた抗生物質が処方してもらったという人もいらっしゃるかもしれませんが、実はジスロマックはウイルス感染には効果が無く、細菌感染に働きかけてくれるのです。

抗生物質には大きく分けると、殺菌性抗生物質と静菌性抗生物質の2つに分けられジスロマックはその静菌性抗生物質の中のさらにマクロライド系に分類されるのです。有効成分アジスロマイシンは体内に長く滞在することができ、投与回数が極端に少なく済むことでも有名です。アジスロマイシンは病原菌の生成に必要なたんぱく質を阻害してくれる作用があり、直接病原菌を殺菌するのではなく増殖を防ぎ最終的には死滅させる効果を持ちます。

ジスロマックはクラミジア感染症などの性感染症の治療に多く使用されおり、その他の感染症でも大活躍しています。意外なところから説明いたしますと歯科などでもよく使用されており、歯周病などで炎症を起こし膿んでしまった時には化膿止めとして処方されるのです。

そして、幼児などは保育園や幼稚園などの初めての集団生活により様々な病気に感染する可能性が高くなるのですが、その中のマイコプラズマ感染症でこのジスロマックが処方されるのです。

風邪に効果を発揮するジスロマック

上述したようにジスロマックは細菌による感染症に有効なため、呼吸器系の感染症、のどの痛みや発熱をともなう風邪には効果的です。逆にウィルス性のものには効果を発揮しないためインフルエンザやコロナウィルスなどでは処方されません。

ここで注意しないといけないのはジスロマックは細菌を死滅させ、喉の痛みや発熱を治めるための薬であって、風邪そのものを治療する薬ではないということです。なので、風邪が起きたときにジスロマックだけあれば十分と考えてはいけません。抗生物質が含まれていない風邪薬と併用して飲み合わせが必要になります。

ジスロマックは抗生物質の中でも安全性が高いので、幼児や小児などでも安心して服用する事ができるでしょう。さらに幼児に対してもう一つ画期的な事が、先ほども記載した通り投与回数が極端に少ない事となります。1日服用しただけで、薬剤が体内に留まり時間をかけてマイコプラズマなども完治させることができるので薬が飲みなれていない幼児にとって処方しやすいのです。

マイコプラズマ肺炎の治療薬

マイコプラズマ肺炎は細菌による感染症のため、風邪薬として処方されるセフェム系抗生物質では効果を発揮しません。そのため細菌を死滅させるジスロマックは効果的なのです。

マイコプラズマは感染から発症までの潜伏期間が2~4週間ぐらいで、咳(せき)やくしゃみで広がる飛沫感染を起こします。症状は風邪と似て発熱、咳、鼻水などであり咳などは大体2週間ほど続きます。この症状は乳幼児などでは軽い風邪程度の症状で収まりますが高齢になっていくとリスクが高くなり大人では肺炎を引き起こす恐れがあります。

もし、医者から風邪だと診断され風邪薬を服用しても効果が無い場合はこの症状を疑いましょう。

ジスロマックの副作用と注意点

副作用も少なく、アレルギー症状もほとんどないと考えられているのですが、その理由は集中して病巣に留まり他の場所に広がらず効き目がほしいとこだけに効果を発揮させてくれるのです。

しかし1つだけ服用の際に意外な効果を出します。それは腸を動かしてしまう働きもあるため、数時間たった後にお腹を下すことがあります。しかしこの下痢は大抵1回で終了することが殆どで、そこまで大きな症状は出ません。もし、物凄く酷い下痢などになりましたら医者に診断してもらいましょう。

 ジスロマックの性病に対する効果や服用方法はこちら
 クラミジアについてはこちら

おすすめのクラミジア治療薬