本当に効くクラミジア治療薬はどれ?あなたにあったお薬をご紹介します。

ジスロマックの風邪に対する効果

 風邪で寝込む人

ジスロマックは新しいタイプの抗生物質で万能型と称されています。 風邪を引いたときに病院から『ジスロマック』と書かれた抗生物質を処方してもらったという人も必ずいます。実のところジスロマックはウイルス感染には効果が無く、細菌感染に働きかけてくれます。

【ジスロマックの特徴】

  • 有効成分のアジスロマイシンは体の中に長くとどまる性質があります。
  • 細菌感染の『風邪』には効果を発揮する。
  • 耳鼻科や歯科などでも使用される。
  • 吸器官系(喉の痛み)の感染症、発熱をともなう風邪に効果的。
  • 抗生物質の中でも安全性が高い。幼児や小児などでも安心して飲む事ができる。

付け加えると、幼児に対してもう一つ画期的な事が、先ほども記載した通り投与回数が極端に少ない事となります。1日服用しただけで、薬剤が体内に留まりじわりじわりとマイコプラズマなども治癒することが可能なので、成人の様に薬を飲みなれていない幼児にとっては、比較的飲みやすい仕様になっています。

抗生物質をざっくり分けると、殺菌性抗生物質と静菌性抗生物質の2つに分けられジスロマックはその静菌性抗生物質の中のさらにマクロライド系の種別になります。有効成分アジスロマイシンは体の中に長く滞在することができ、投与回数が極端に少なく済むことでも名が知れています。アジスロマイシンは病原菌の生成に必要なタンパク質を阻害してくれる働きかけがあり、直接病原菌を殺菌するのではなく増殖を防ぎ最終的には駆逐させる効果を持ちます。

ジスロマックのQ&A

QA
  • 何らかの原因で風邪におかされたときはジスロマックって効きますか?
  • 実は一般で言う風邪には抗生物質は残念ながら無力です。「風邪」はウィルスの悪行による感染症です。風邪に効くと思っている方が多数ですが、体に付着しているばい菌、常在菌も耐性化を上げているので、一般で言う「風邪」には抗生物質は使わないのが良いでしょう。細菌に直に働きかけをするので細菌系の風邪には効果は抜群です。
  • 扁桃腺炎(喉の痛み)で過去にジスロマックを使って直に治りました。ここ最近になってこころなしか効かなくなってきています。何故なのでしょうか?
  • 実際に扁桃腺炎、他の「細菌感染」に使用するのはオススメしますが、時間の経過とともに耐性菌になるので、むやみに使うのは避けるのが良いです。ここ一番のときに抗生物質が全く効かなくなるケースがあります。
  • ジスロマックの副作用は?
  • 実は副作用も少なく、アレルギーの症状も皆無に等しいとの声もあるのが事実です。その理由は集中して病巣に留まりピンポイントで欲しいところにだけ効果を発揮するからです。ただ、1つだけ意外な効果を出します。腸を動かしてしまう働きもある為、数時間経過後におなかを下すことがありますが、このゲリは下痢は大抵1回で終了することが殆どで、そこまで大きな症状は出ません。
  • マイコプラズマ肺炎には効きますか?
  • マイコプラズマ肺炎にジスロマックは効果的です。そのため細菌を駆逐する効果がジスロマックにはあります。マイコプラズマ肺炎は細菌による感染症のため、風邪薬として処方されるセフェム系抗生物質では効果を発揮しません。
  • マイコプラズマと風邪の判断はどうすればよいですか?医者にも風邪と診断されましたが、一方に良くなりません。
  • マイコプラズマは感染から症状がみえるまでの潜伏期間が2~4週間ぐらいで、咳(せき)やくしゃみで広がる飛沫感染を起こします。症状は風邪と似て発熱、咳、鼻水などであり咳などは大体2週間ほど続きます。この症状は乳幼児などでは軽い風邪程度の症状で収まりますが高齢になっていくとリスクが高くなり大人では肺炎を引き起こす恐れがあります。もし、医者から風邪だと診断され風邪薬を服用しても効果が無い場合はこの症状を疑いましょう。
  • ジスロマックは風邪以外に使われる場合はありますか?
  • ジスロマックはクラミジア感染症などの性感染症の治療に多く使用されおり、その他の感染症でも大活躍しています。そのなかでも性感染症「クラミジア」には特効薬と言われています。意外なところから説明すると歯科医院などでもよく使用されており、歯周病などで炎症を起こし膿んでしまったケースには化膿を差し止める薬として処方されます。

ジスロマックの全般的な効果

効果

上記のQ&Aにも記載がありますが、細菌が主となる感染による風邪などにも効果があります。実際にジスロマックは性感染症のクラミジアにも凄まじい効果を発揮します。クラミジアの菌を駆逐するのと、体の内部に潜んでいるクラミジア菌の繁殖をも差し止める特効薬です。

主にクラミジアやりん病、マイコプラズマなどの治療に使用されています。比較的新しい治療薬で、他に類を見ない特徴があります。その特徴とは、従来の服用数を極端に少なくすることです。 その効果ですがとても信頼が高く、幼児、妊婦でも安心して使えることから、多くの人に使用されています。たとえばクラミジアの場合、1日服用しただけで1週間後に完治させることができます。主成分であるアジスロマイシンは病巣に長時間滞在することができるため、服用回数を少なくできます。

中には効果の持続性の長さから、性病予防として常備している人もおり、風俗嬢のプロフェッショナルは仕事前に保険という考えで飲む事で感染を予防しています。他の抗生物質も基本的には病巣の病原菌を生成するために必要なタンパク質を差し止める事により病原菌の繁殖を防ぎます。その作用は殺菌ではなく、静菌作用と呼ばれていますが、ジスロマックに関しては高濃度のものになると殺菌作用を発揮します。

ここまでの効果を発揮し、なおかつ服用回数が少ないというメリットがありながら、当然デメリットもあります。多くの専門医の間でも性感染症クラミジアにはジスロマックという定評もあります。他の同類の薬に比較するとアレルギーに関しては少ないです。アレルギー体質の人はとても注意が必要となってきます。

食べ合わせ、飲み合わせに関しても特に悪い薬というものは少ないです。用法用量を守って使用すれば全く問題みあたりません。下痢などの副作用が報告されていますが薬には副作用はつきものです。また、副作用はほとんど現れないといわれているので、安心して服用していただけます。もし体に合わなかったり、副作用がひどく表れてしまった場合は、すぐに医師に相談してください。

歯周病にもジスロマック

歯周病イラスト

歯周病という言葉はよく耳にすると思います。一概に歯周病といわれても具体的には分からない方少なくありません。平たく言うと、歯の土台の病気です。これは歳を重ねていくと100%近い確率で歯周病になってしまいます。

実際に、30代後半を迎えると95%以上だと報告が挙がっています。口の中を清潔に保つ為の歯科治療で、目的は歯周病菌の数を減らす目的で用いられます。歯周病の治療にもジスロマックが用いられ、その主成分であるアジスロマイシンが口内の病原菌の繁殖を差し止める働きがある為、最近では歯科医にて歯磨きの指導とジスロマックを併用する事を勧めているとの事です。歯科医師が勧めるのには理由があります。

歯周病の原因となるのが、歯垢(しこう)です。 歯垢とは歯の表面に固く付着したよごれです。歯垢には、かなりの細菌が生息し歯に付いてから短い期間は問題無いのですが、うまく歯磨きで除去できずに放置する事でかなり強い耐性の菌が生まれてしまいます。重い歯周病のケースで、耐性を持つ手強い細菌もジスロマックは駆逐します。重度の歯周病予防の為に歯磨きとジスロマックを併用する旨を強く患者に押しているそうです。これが万能型と言われる由縁です。

ジスロマックの副作用や服用方法の詳細>>

ジスロマックの購入はこちら>>