ジスロマックの飲み合わせの注意点。風邪薬・併用注意。

ジスロマックの全般的な飲み合わせについて

錠剤

ジスロマックと風邪薬の飲み合わせ。

この『アジスロマイシン』はマクロライド系の中でも、一般に併用禁忌薬に関してはとても少ない部類に分けられます。『抗生物質を含まない薬』なら全く問題がないと言われています。服用している期間に頭痛や発熱、咳、俗に言う風邪を拗らせてしまった場合にその症状を緩和する風邪薬と併用するのも問題ありません。実は抗生物質は医者に限り処方できる薬品となっていて、街のドラッグストアなどで扱っているものなら心配いりません。

ジスロマックと鎮痛剤のカロナール・ロキソニンとの飲み合わせ。

解熱剤や鎮痛剤である『カロナール』や『ロキソニン』でもまったく問題がありません。一つ挙げると、併用を避けてほしい点があります。乳製品に含まれる『脂肪分』です。ジスロマックに『脂肪分』はあまり良くありません。ジスロマック自体の効きが甘くなってしまいます。せめてジスロマックを飲んでいる期間は控えるのが無難です。

ジスロマックと整腸剤の飲み合わせ。

マクロライド系の抗生物質にはとても強力な殺菌作用があります。その為腸の働きを促進させるので副作用として下痢の症状があります。非常に稀ですが、ジスロマックを服用する事で下痢の症状があります。その下痢を和らげる為に整腸剤との併用を推奨しており、全く問題はありません。

ジスロマックと注意すべき薬の飲み合わせ

下記の薬との飲み合わせには注意が必要です。

制酸剤 一般には胃酸を中和する薬。俗に言う胃腸薬の一種。
これはジスロマックの効きが弱まるケースがある。
免疫抑制薬 体の免疫力を低くする薬。臓器移植時に体の拒絶反応等を差し止める薬。
心臓の薬 心臓に直接働きかけ、弱った心臓の働きを回復させる薬。
抗血栓薬 一般に血栓を治療する為の薬。血栓治療に関わる薬の総称。

この3つは薬の効きを強めてしまい、副作用のリスクが高まるケースがある為、専門医に相談した後に服用する様にして下さい。

相互作用

相互作用とは1つずつでは全く問題が見当たらない薬でも、薬と薬の飲み合わせや薬と食べ物や飲み物によっては、思いもよらない影響がでる組み合わせがあります。その影響をひっくるめて相互作用と称されています。薬を飲む当事者が注意すれば防げる事です。

病院処方だと薬剤師は相互作用を防ぐために、処方箋のチェックや過去に飲んだ薬、お薬手帳に記載されている情報を確認します。実際に病院へ行った際にお薬手帳を携帯している人は若い層では少ないかと思います。お薬手帳だけでも参考になるので病院へ行かなくてはならない状況の場合はお薬手帳を持参するようにしましょう。

上記で説明した通り薬だけではありません。食べ物との飲み合わせで薬の効果自体が良い方向、または悪い方向へ変化するケースもあります。実際に飲んでいる薬と良くない飲み合わせの食品を摂取しない事が重要です。

例として相互作用がある食べ物や飲み物を挙げると

降圧薬(一部のカルシウム拮抗薬)+グレープフルーツジュース
抗結核薬(結核の化学療法で用いる薬物)+マグロ(ヒスチジン)チーズ(チラミン)
総合感冒薬(解熱剤、鎮咳去痰薬・抗ヒスタミン剤などを複合した薬剤)+コーヒー・コーラ
ワルファリン(血液をサラサラにする薬)+納豆(ビタミンKを多く含む)
睡眠薬+アルコール(ビール、泡盛、麦焼酎、芋焼酎、日本酒など)
抗菌薬・抗生物質(ジスロマック等)+牛乳・ヨーグルト
胃薬+炭酸飲料
免疫抑制剤(生体の免疫機能を抑える薬剤)・強心剤+セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)

などざっくりと挙げてみましたが、これ以外の薬でも相互作用を起こす事もあります。知識が乏しい場合は自身で考えるのは避け専門医や薬剤師に相談する事をお勧めします。

ジスロマックとクラビット
同じ抗生物質の飲み合わせは大丈夫?

基本的には複数の抗生物質を併用するのは許されていません。稀なケースでは病気の状態と診察や検査の結果次第でジスロマック、クラビットの双方が処方される事があります。ジスロマック→マクロライド系統、クラビット→ニューキノロン系統の抗生物質。

双方のどちらかが作用している間に飲み合わせがよくないです。稀に病気の状態によってはジスロマックを服用したあとに次はクラビットと交互に使う事によりさっさと治していまうという手法もないわけではありません。知識が乏しい場合は医師か薬剤師に相談してから服用するのが一番です。個人の判断で服用するのだけは避けましょう。

TOPに戻る