ジスロマックの性病に対する効果や副作用、飲み方について詳しく解説。

ジスロマック(アジスロマイシン)の効果

ジスロマックの効果とは

抗生物質である『ジスロマック』は様々な細菌に対して効果を発揮し『マクロライド』系の新しい抗生物質になります。病院処方でも多くの人へ処方されている薬の一つでもあります。このページでは感染症であるクラミジア対策として説明をします。クラミジア対策として処方されているジスロマックの特徴の一つとして挙げられるのは何度も服用する必要がないという事、さらにはクラミジアに優れた効果を発揮します。

細菌の感染症を治す為には、まず私たちの『免疫』が大切な役割を果たします。感染症が治るイコール『免疫』が細菌に勝つという事です。その細菌退治のサポートをするのが抗生物質である『アジスロマイシン』というわけです。主成分のアジスロマイシンは体内で血に混ざり長い時間効果を発揮し持続力を兼ね揃えている特性があります。細菌性の性感染症、俗に言う『クラミジア』に対して非常に特化しています。

リボソームイラスト

私たちはタンパク質という細胞で成り立っています。肺や心臓、腎臓や肝臓等の臓器は、いわばタンパク質のかたまりであり平たく言うと私たちは『タンパク質の集合体』となります。新しく細胞自体を作る時は、タンパク質が必要になります。『細胞が分裂と増殖をするため』には、新しいタンパク質を作らないといけません。この新たなタンパク質を生み出す器官は『リボゾーム』と呼ばれています。

このアジスロマイシンを主成分としたジスロマックは細菌のタンパク質合成を差し止め細菌自体の増殖や繁殖を抑えるためです。1回飲むだけで7日間の効果があるので、従来で言うクラリシッドのように長期の服用は必要ありません。アジスロマイシンはなにより安全性が非常に高い成分です。副作用に関しても少ないのも特徴の一つと言えます。クラミジア感染症になったら迷わずジスロマックそう考えるのが良いといえるでしょう。

リボソームイラスト

1回飲むだけで、7日間の効果は海外の臨床実験、体内動態試験の実績があります。これはどういう実験なのか。体内でジスロマックはどう動いているのか検証します。 まず、消化管より薬が取り込まれ、体内の血液を介して体の組織全体に巡り、代謝は肝臓で行われ、腎臓を通過し尿として体外に出されるまでの様子を細かく調べあげます。例えば、どんなに良い成分であったとしても、消化官での取り込みが悪いケースでは効果は期待できない。

一方で、肝臓にて代謝が予想以上に優れていると、体内から早い時間で消えてしまい短時間しか効果が発揮出来ないという結果があります。体の中で、吸収と代謝のバランスが上手く取れない事により、薬自体の効き方に大きく左右します。この様な工程を何度も繰り返し最終的に効果も優れ、安全な薬品に改良します。その臨床実験の結果1回飲むだけで7日効果が継続するという事が立証出来ます。

更にアジスロマイシンはクラミジア薬の中でもアレルギー発症があまりなく、セフェム系、ペニシリン系の抗生物質に過剰にアレルギー反応を起こす人にも使う事ができます。抗生物質は他のマクロライド系の中で問題となる薬物間相互作用に関して心配が要りません。 ただし、持病やもともとアレルギーのある方は、医師に相談するかしっかりと薬の知識をつける必要があります。

またジスロマックはクラミジア感染症だけでなく、風邪マイコプラズマ肺炎にも効果があります。風邪に対する疑問なども合わせて掲載していますので詳しくはこちらをどうぞ。

ジスロマックは副作用が少ない

ジスロマックは副作用が他の抗生物質と比べて副作用が少ない!?
ジスロマックは抗生物質の中でも比較的に副作用が少ないのが特徴です。ただ、副作用の症状が無いという事ではありません。腹痛や吐き気、下痢が主な症状ですが少ない中でも下痢が目立ちます。

下痢といっても長時間下痢が続くのでは無く、一時的なものなので必要以上に心配する事はないでしょう。ジスロマックはマクロライド系の抗生物質なので少々下痢を起こしやすいというのも事実です。単にそれは、急に体内に入ってきたものに対し、胃がびっくりしたり、腸がいつものように働けなくなってしまうだけの事なので、痛みや症状はすぐに治ります。その目立つ副作用、下痢の対処法などに関して詳しく解説しています。

ジスロマックの副作用

ジスロマックとは

ジスロマックは『副作用が非常に少ない』として定評があります。しかし、全く症状がでないというわけではありません。少ない中でも症状はあります。

報告としてこの3つです。その3つの中でも『下痢』がジスロマックを飲んだ場合にみられる事が過半数ですが、実は数学的な割合でいうと、1割もないくらいの症状なので、さほど神経質になる必要はありません。仮に症状が出たとしても早い人では24時間、遅くても48時間経てば治まると言えます。
下痢の症状を招きやすい特徴が『マクロライド系』の薬です。

腹部の痛みに関しては薬剤が急に胃に入ったきたせいで、強く縮んだり、伸びたりした際におこる『胃がびっくり』している一時的な痛みです。ただ腹部が冷えるのは避けましょう。あまり、神経質にならずに、毛布や布団などで少し暖かくするのも良いでしょう。痛みはすぐに治まります。どうしても心配なら、整腸剤と合わせて飲むのも良いでしょう。
嘔吐感に関しては消化管の働きが一時的にみだれ、嘔吐反射中枢が刺激れてムカムカします。一般に乗り物酔いに似ているケースで、これも一時的な症状で、すぐに治まります。下痢の症状と比較するとほぼ出ない症状と言っても過言ではないですが副作用の症状はあります。

                      
発疹 皮膚に対して小さい吹き出物がでます。その吹き出物を指します。
手足の震え
痺れ
手足の筋肉の収縮により意思とは別に筋肉が麻痺状態にある。血流の乱れ。
発熱
自身の体温が急激に上昇し体全体の体温が上がり、熱を発する状態。

があります。万一に備えて注意はしておくのが良いでしょう。仮に副作用が治まらないとうケースには即座に専門医に相談が妥当と言えます。

ジスロマックの重篤な副作用

飲み方を誤ってしまう。推奨している自分流の飲み方などすると非常に危険です。用法・用量を守るのが第一にあります。 それは『アナフィラキシーショック』です。アナフィラキシーショックという言葉を聞いた事があるという方が過半数以上でしょう。

症状としては

多尿
(たにょう)
一日の尿の量が多い
一日に3,000ml以上の尿量が増えた状態。
脳炎
(のうえん)
脳の炎症性疾患の総称。
意識障害や麻痺など、急性症状を呈した状態を指す。
失神
(しっしん)
大脳皮質全体または、脳幹の血流が瞬間的に遮断される事によって起こる一過性の瞬間的な意識消失発作。気絶状態にある。
意識障害
(いしきしょうがい)
物事に対し正しく理解する事が乏しなる。
刺激に対する周囲の適切な反応が損なわれる状態。
蕁麻疹
(じんましん)
皮膚の表面が盛り上がる。
痒みを伴うがしばらくすると消える症状。
紅潮
(こうちょう)
顔に血が上がり赤みをおびる
発汗が突然かつ一過性に発生する症状。
流涙
(りゅうるい)
涙が作られる量が増える涙の排水の問題。

などがおこる危険性があります。
重篤な副作用のケースの割合はかなり低く、1割もありません。元々『不整脈』の患者や、肝機能障害や肺機能、心疾患を過去に経験をもっている方はこの副作用が生じるケースがある旨の報告があります。非常に注意が必要です。

ジスロマックのアルコールとの飲み合わせ

お酒

アジスロマイシンとアルコールがNGな理由を挙げると2点あります。アジスロマイシンの成分が体の中にまだ残っている間にお酒を絶対に飲まないのが明哲です。
普段からアルコールをよく飲む方は特に注意してください。

1点目:耐性菌が生まれてしまう危険性が高い。
100%アジスロマイシンの効果をひき出すには、まず血液自体の濃度を高めるという事が大前提です。そこでアルコールを摂取してしまうと血液中にアルコールが混ざり、有効成分であるアジスロマイシンの濃度が薄れる事になります。 つまり、クラミジア菌への攻撃がおろそかになり、アジスロマイシンに対して防御力が上がってしまうという事になります。

2点目:肝臓への負担が半端なく大きい。
アジスロマイシンやアルコール等の化学物質は、人間の体に取り込まれた後に肝臓によって中和や分解を行い我々人間にとって害がないようにする機能をもっています。その結果、アルコールとアジスロマイシンを同時に体に取り込む事により、肝臓への負荷が無駄になるという訳です。肝臓の機能低下次第で思いもよらぬ副作用が生じる可能性があります。

ジスロマックの通販と病院処方の比較

お金と薬

ここで紹介している通販サイト「お薬なび」だとジスロマックを購入する際に掛かる費用は薬代金と送料の1,000円のみとなります。送料に関しても、10,000円以上であれば送料はお薬なびの負担となります。

通販   500mg/1錠 630円
病院処方 500mg/1錠 2,000~3,000円

病院処方と比べると違いが、わかると思います。同じ薬でここまでの違いがあります。
診察料と検査の上乗せで約3,000円が掛かってきます。保険適用外だと、約8,000円薬代金が約10,000円に跳ね上がってしまいます。病院としても原因を知らない事には薬を処方できませんので、検査も必須となってきます。

では、なぜ病院処方だとここまでの金額になるのでしょうか?それは単純に会社なので利益を出さないと成立しません。 人件費など色々あります。更に、病院へ行くまでの交通費で言うと、車、タクシー、電車、バス、等ありますが、近くにクリニックがないケースは、もうとんでもありません時間まで相当失ってしまいます。それだけが理由ではない方もたくさんいると思います。

誰にも、見られたくないし知られたくないという方もいます。その場合は通販で購入するのが一番良い方法だと思います。 さらには同じ屋根の下で暮らす家族にすら中身を知られる事はありません。梱包してる状態では何が中に入っているのかは絶対にわかりません。例えば、同居している人にも知られたくない場合は、郵便局留めで自身で受取にいく方法もあります。病院処方と比べるとメリットの部分が随分と多いと思います。

処方箋の不要

ジスロマックは処方箋薬が基本となります。つまりは医者が処方箋を出す事ではじめて、私たちは受け取る事が可能になります。こういった医薬品は街のドラッグストアで買うことはできません。

一方で通販に関して処方箋は必要がないので、誰でも24時間自由にジスロマックを買うことができます。薬代金と送料のみで出費そのものを抑える結果になります。一概に通販が絶対という訳ではありません。通販にもデメリットはあります。私個人の意見としてはデメリットは購入しても明日、明後日には届かないという事くらいでしょうか。ご自身の判断の上で決めるのが良いです。

ジスロマックによる治療の体験談

体験談
20代女性

22歳の夏に友人と一緒に行ったバーの店員さんと仲良くなり意気投合し、凄く楽し盛り上がり、ルックスも良い彼と勢いでラブホテルに行ってしまいました。現場はラブホなので当たり前に、セックスします。ただ、コンドームをつけずにやってしまいました。

それから、1ヵ月程経過したある日、友人とお酒を飲んでいるときに突然生理痛のような痛みがありました。これはおかしいと思い帰宅しベッドで横になるも、どんどん痛みがひどくなりました。トイレに行き、確認すると出血していました。

生理はついこの間に終わったばかりなのに。あれ?おかいしと思い、なんにせよ原因が分からないので、とにかく痛みが柔らぐのを待っていました。しかし、3日経っても痛みは治まる事はなく、仕事にも行けず睡眠すらもろくにとれないくらいで、下着が血で染まるくらい出血もあり、凄く怖い思いをしました。原因はともかく症状をネットで調べると「クラミジア」に100%感染していると知りました。

ここまで症状が出ると、医者に行かずとも分かります。痛みもはじめに比べれば麻痺してしまって、本当に痛いのか、痛くないのか正直わからない状態までなっていました。恥ずかしさもあり、病院だけは避けたい思いで、「ジスロマック」という薬が良いという事が、ネットではいろいろ書かれており藁にもすがりたい気持ちで取りあえず、通販にて「ジスロマック」を購入しました。

数日経ちどうにか手元に届き添付文章通りに服用をしました。 2日程で痛みはウソのように消えなんとか前の生活を取り戻しました。クラミジアについて調べていくうちに怖くなり、細菌に体が蝕まれ、『妊娠すらできなくなる体にだけはなりたくない』と思い、ゾッとしたのを今でも鮮明に記憶しています。後日、完治したか医者へ行くと体内からクラミジア菌は消えていてホッとしました。ジスマロックを通販して症状を抑えた旨を医者に話したところ、ひどく怒られました。ジスロマックの服用タイミングが遅すぎるとこっぴどく叱られました。

出血がひどく、激痛がある状態はすぐに病院へ来る様に指導されました。常備薬として手元に置いておきなさいと愛のあるお叱りを最後は頂きました。便利な世の中で病院へ行かなくても、自己診断できる「クラミジアの検査キット」や「ジスロマック」を常備薬として手元に置いています。友人がこうなった場合にも助け船を出せるので、なんにせよ常備しています。 もう二度と感染したくはありません。
迅速な対応をしてくれた「お薬なび」さん(通販サイト)一生感謝しています、これからも何卒お願いします。

TOPに戻る