本当に効くクラミジア治療薬はどれ?あなたにあったお薬をご紹介します。

ジスロマックの効果・服用方法

ジスロマックとは

ジスロマックは一般的に抗生物質と呼ばれる治療薬で、アジスロマイシンを主成分としています。
抗生物質の中でもマクロライド系に分類されますが、主にクラミジアやりん病、マイコプラズマなどの治療に使用されています。比較的新しい治療薬で、他に類を見ない特徴があります。

その特徴とは、従来の服用数を極端に少なくすることです。

通常経口薬は、たとえば風邪薬でも1日3回服用し、それを数日続けることで治療します。
しかしジスロマックは1日の服用で1週間も効果が持続するのです。
そのため、飲み忘れや、薬の余りなどを防ぐことができ、錠剤が苦手な方や、マイコプラズマに感染しやすい幼児でも安心して服用することができるのです。
実際に集団生活が多い幼児には多く処方されています。

ではその効果ですがとても信頼が高く、幼児、妊婦でも安心して使えることから、多くの人に使用されています。たとえばクラミジアの場合、1日服用しただけで1週間後に完治させることができます。主成分であるアジスロマイシンは病巣に長時間滞在することができるため、服用回数を少なくできます。
中には効果の持続性の長さから、性病予防として常備している人もおり、風俗嬢の方などは仕事前に服用することで感染を予防しています。

ジスロマックだけでなく、他の抗生物質も基本的には病巣の病原菌を生成するために必要なタンパク質を抑制することにより病原菌の繁殖を防ぎます。
その作用は殺菌ではなく、静菌作用と呼ばれていますが、ジスロマックに関しては高濃度のものになると殺菌作用を発揮します。ここまでの効果を発揮し、なおかつ服用回数が少ないというメリットがありながら、当然デメリットもあります。
下痢などの副作用が報告されていますが薬には副作用はつきものです。
また、副作用はほとんど現れないといわれているので、安心して服用していただけます。
もし体に合わなかったり、副作用がひどく表れてしまった場合は、すぐに医師に相談してください。

 ジスロマックの性病以外への効果についてはこちら
 クラビットの効果や服用方法についてはこちら

おすすめのクラミジア治療薬