ジスロマックとクラビットは性器クラミジアに対してはどちらも非常に有効です。

ジスロマックとクラビットはどちらも性器クラミジアには有効です!

ジスロマックとクラビットはどちらも性器クラミジアに対して効果を発揮します。この2つのクラミジア治療薬は尿道炎・子宮頸管炎・咽頭クラミジアなどに有効的です。ただ、実際にジスロマックとクラビット双方で比較してみるとジスロマックが多く治療薬としては医師の選択にもあります。

それはなぜなのか。一番の理由としては女性にあります。それは「妊娠」です。妊娠をしている可能性がある女性にはクラビットは使えません。ジスロマックなら問題なく使う事ができるからです。

ジスロマックとクラビットはどちらとも抗生物質でジスロマックはマクロライド系統、クラビットはニューキノロン系統に分類されます。クラミジアとうい病原菌への効果や完治させるという着地点は一緒なのですが、作用(効き方)に違いがあります。

ジスロマックとクラビットの妊娠に対する安全性はどう違うの?

クラビットは絶対に妊婦には使えない。妊娠中ならジスロマック!

ニューキノロン系のクラビットという抗生物質は妊婦、授乳時期の女性には投与自体が原則として禁じられています。妊婦の場合はクラミジア検査を心がけるのが大切です。というは別ページでも紹介しています。

クラミジア検査は妊娠検査の際に任意で行う検査となっており、義務付けられていないというのが現状です。仮に妊娠をしている可能性があるという女性は必ず医師に申告して下さい。

かたわらマクロライド系のジスロマックという抗生物質は妊娠中でも安全に使う事のできる治療薬です。たとえ妊娠中でもクラミジアを完治する事ができます。ただ、それは妊娠の周期にも大きく左右してくるので、早期が治療の鍵となってきます。こう考えると何にせよ病気の治療に関しては早期治療が良いといえます。

ジスロマックとクラビットの副作用の違いは?

実際にジスロマックとクラビットの副作用の違いは発生する頻度に違いがあります。臨床試験でも確認されている事なので、結果として比べてみると、ジスロマックに比べてクラビットの副作用が多く発生しているという報告もあります。

実際に個人差も大きく関わってきますので、一概にこういった副作用の症状が出る。とはっきりとした事はわかっていません軽度の副作用もあるかもしれません。

あくまで副作用の症状として出るのは下痢・腹痛・吐き気・頭痛という事であってAさんはこの副作用以外にも軽度の副作用がでた。Bさんには同じ様に飲んだのに副作用が全く出なかった。という事もあります。副作用にはそのときの体のコンディションも大きく関わってくると思います。

ジスロマック・クラビットの代表的な副作用

ジスロマックの副作用を挙げると下痢の症状が主な症状であり、腹痛と吐き気といった消化器系に起こる症状です。肝機能の検査値の増加、白血球が少なくなる事からの症状でもあります。しかし、どちらにしてもこれは一時的な症状として重い症状になる事はほとんどありません。

そこまで深刻になる事ではありませんので安心して下さい。その他の症状として報告があるのは、めまい、頭痛といった神経系の副作用も稀ではありますが、実際に報告はあります。注意してほしいのは車の運転や高所での命に関わる仕事に関しては服用している間だけでも避けるのが妥当かと思います。

ジスロマックとクラビット自己判断での飲み合わせは絶対にやめましょう!

個人輸入の代行サイトを介してジスロマック、クラビットを購入して服用をする方々は特に注意が必要です。専門医の判断にてジスロマックとクラビットを処方するケースはあります。ですが、それは専門医によって判断した事なのでどういった飲み方をすれば良いという指導は必ずあります。

ジスロマックとクラビットの飲み合わせはよほどの事がないと双方の処方はしないというのが事実です。例として挙げるとクラミジアと淋病が子宮内部に感染すると骨盤内炎症性疾患となります。

その治療、その後遺症にあたる子宮外妊娠・不妊・慢性の骨盤痛の予防などのために双方が処方されます。その件に関しては医師の診察や検査がないと分からないケースなので、自己判断でジスロマックとクラビットの飲み合わせは絶対にやめましょう。

ただ、この2つの抗生物質を飲んだ結果として、体に有害な症状があったケースというのは今のところ報告はないのですが、その理由の裏付けは医師の的確な指導と判断の基で成り立っていると考えられます。

知識の乏しい素人がクラミジアの症状を早く治したい、2つの抗生物質を一緒に飲めば効果は2倍になるといった安易な考えだと危険な臭いがするのは察しがつきます。ジスロマックとクラビットの相互作用が起こす可能性が少しでもあるという事です。自己判断でのジスロマックとクラビットの飲み合わせは絶対に避けましょう!

ジスロマックとクラビットはクラミジアに対してはどちらも非常に効果的です。ですが薬の効き方に違いがあります。しっかりとした知識をつけて自身にあった治療薬を選びましょう。詳しくは書きリンクを参考にして下さい。

ジスロマックはクラビットに比べうっかり飲み忘れはないです。

ジスロマックは1回・クラビットは7日間。

クラミジアの治療期間というのは一般に7日間の時間を要します。実はジスロマックとクラビットの大きな違いを挙げると2つ程あります。1つ目は妊娠中に使用できるかという事、ジスロマックは問題なく使えるがクラビットは使えない。

2つ目はジスロマックは1回の服用に対してクラビットは複数回の服用が必要という事です。仮にクラビットを選択薬としてクラミジア治療をしている人で1回だけ飲み忘れたからクラミジアは治療できないという事はありません。

クラビットという抗生物質の効果の山場は服用してから約1時間半程だといわれています。しかし、決められた日数を余すこと無く飲めば完治する事ができます。これはどちらが良いという事ではなく、妊娠中の女性以外は自身にあった治療薬を選択して下さい

妊娠中の女性はジスロマックと決まっています。これは効き目の持続性とクラミジアに対する作用の仕方の違いです。詳しくは別ページに掲載しています。

クラビットを通販で購入する

TOPに戻る