本当に効くクラミジア治療薬はどれ?あなたにあったお薬をご紹介します。

個人輸入と病院処方の比較

個人輸入と病院処方の比較

病気にかかってしまったとなったら一般的には病院に行きます。
しかし性病というデリケートな症状においては病院に行くのが恥ずかしいという方もいるでしょう。
もちろん重症の場合は即座に病院に行かなければなりませんが、そうでない場合は薬を手に入れることができれば治療が可能です。

しかし性病の中でも最も感染者の多いクラミジアの治療薬は抗生物質で、日本では薬事法により内服薬の抗生物質を市販薬として購入することが認められていないため、ドラッグストアでは購入できません。
ですがこの薬事法は日本国内において適用されるので、海外医薬品はこれに当てはまりません。
よって海外医薬品を個人輸入することで治療薬を艇に入れることが可能になります。

ジェネリック医薬品と先発医薬品の比較

海外医薬品に多い、ジェネリック医薬品について少しご説明します。
ジェネリック医薬品とは、特許の切れた新薬を他の製薬会社が同一効果・成分で製造したお薬のことです。新薬の開発には膨大な研究費と、時間がかかりますが、ジェネリック薬にはその分の費用が一切かかりません。
そのため、新薬の約3割の値段で同じ効果・成分のお薬を購入することができるのです。

当然クラミジア治療薬であるジスロマックとクラビットにもジェネリック薬があります。
現在日本には様々な輸入代行サイトがあり、海外医薬品を簡単に個人輸入することができます。
海外からの発送になるので、多少の時間と送料はかかりますが、病院に行く交通費や診察代なども含めて考えると断然個人輸入がお得なのが分かります。
何より病院に行かなくてもよいというのが最大のメリットではないかと思われます。

海外からの発送

こうしたメリットがある中、もちろんデメリットもあります。
それはどうしても海外からの発送になるため、即日や明日にお届けということが不可能になります。最短でも10日~14日は見ておくべきです。
また、海外で製造されているため、説明書などが英語表記なのが主です。
ですので、購入する日本のサイトでしっかりと用法・用量を確認しておくべきですね。
そして非常に残念なことに劣悪な偽物を扱うサイトが多いことが現状です。
もちろん、様々なサイトで紹介され、経歴の長いサイトなどは安心ですが、相場とはかけ離れた価格で販売していたり、サイト内の電話番号が記載されていなかったり、会社の所在が不明な場合はほぼ間違いなく悪徳サイトですので、十分に気をつける必要があります。
そのようなサイトは入金したのに商品が届かなかったり、副作用だけがひどく、効果がない商品が送られてきたりなど、財布だけでなく、人体にも危険を及ぼします。

きちんとしたサイトの見分け方としては

・会社の所在がはっきりと記載され、実際に存在する
・日本語対応の電話サポートがある
・相場に比較的近い値段
・経歴の長いサイト

基本的にはこの4つです。
自分の身を守るのは自分しかいませんので、きちんと見極めて、安心・安全にお薬を購入しましょう。

 クラミジアの体験談はこちら