ジスロマックは病院処方よりも通販がお得です。通販する際のメリット・デメリット、注意点等を解説します。

ジスロマックの通販

個人輸入と病院処方の比較

ジスロマックの通販ときくと、yahooや楽天、amazonの大手通販サイトが一般的ですが、医薬品に関しては扱うことができないのが現状です。 日本では薬事法の基で禁止されています。海外輸入や個人輸入なら薬事法に従って通販する事が可能です。 個人での使用目的の場合に限り、輸入する事が認められています。

輸入といっても簡単に出来る事ではなく、面倒な手続きがあり、その手続き等を仲介する通販サイトが代行するという仕組みで成り立っています。そうする事で、ジスロマックを購入する手順は日本国内の一般的な通販と大差はありません。普段利用している通販サイト同様に利用する事ができます。 この通販で最も注意しなければならない事は、海外との取引となるので代引き決済は不可能という事。また、個人使用を目的として輸入が認められているため転売などは法律で禁止されています。この2点に注意さえすれば海外通販は非常に簡単に購入する事ができます。

通販の流れ

  • 注文者が通販サイトにてジスロマックを注文
  • クレジットカードか口座振り込みで支払い
  • 通販サイトが海外の業者へ商品を発注
  • 後は、ジスロマックの到着を待つだけ

通販サイトにもよりますが、日本国内まで運び込まれたら荷物の追跡が可能になります。日本に到着した際、税関など様々な手続きが行われますが発注者が何かの申請をだすなど手間はなく、代行業者がこなします。税関にて審査が通れば後は郵便局が自宅まで運んでくれます。国内の通販サイトより少し日数を要します。

メリットデメリットイラスト

風邪や熱など体調が優れない時は、病院に通い診断してもらい、薬局で薬を購入する。これが一般的ですが、忙しいや医師に相談しずらい病気などもあります。性病というデリケートな症状においては病院に行くのが恥ずかしいという方もいるでしょう。 もちろん重症の場合は即座に病院に行かなければなりませんが、そうでない場合はジスロマックを手に入れることができれば治療が可能です。

しかし性病の中でも最も感染者の多いクラミジアの治療薬はジスロマックで、日本では薬事法により内服薬の抗生物質を市販薬として購入することが認められていない為、一般の薬局で購入することはできません。そのため、ジスロマックを購入する場合は海外医薬品を通販で購入することをオススメします。
しかし、メリットだけではありません。

メリット

  • 病院処方に比べ、かなり安く購入できる。
  • 処方箋が無くても購入できる。
  • 誰にも知られずに治療する事ができる。
  • 多忙で病院へ行けない方でも24時間いつでも購入できる。

デメリット

  • 即日や明日には入手困難。
  • 10日程、日数を要する。
  • 偽物を扱うサイトで購入してしまう。
  • 人体に害を及ぼす危険性がある。

信頼ある通販サイト

上記でも説明をしましたが、個人輸入という事で偽物には注意しなくてはなりません。
最近は残念なことに偽物を扱うサイトが増えていきます。

もちろん様々なサイトで紹介され、経歴の長いサイトなどは安心ですが、相場とはかけ離れた価格で販売していたり、サイト内の電話番号が記載されていなかったり、会社の所在が不明な場合はほぼ間違いなく悪徳サイトですので、十分に気をつける必要があります。 そのようなサイトは入金したのに商品が届かなかったり、副作用だけがひどく、効果がない商品が送られてきたりなど、財布だけでなく、人体にも危険を及ぼします。

通販偽物イラスト

きちんとしたサイトの見分け方

  • 会社の所在が記載され、実際に存在する
  • 日本語対応の電話サポートがある
  • 相場に比較的近い値段
  • 経歴の長いサイト

基本的にはこの4つです。きちんと見極めて、安心・安全に購入しましょう。
実際に正規品のみを扱っている信頼度の高い通販サイトを紹介します。
気になる方は一度見てみて下さい。

ジェネリック薬の個人輸入

ジェネリック薬の個人輸入

現在の社会ではジェネリック薬という言葉が浸透しつつあります。ドラッグストアでお薬を処方してもらう際に「ジェネリック薬にしますか?」と聞かれたことがあるかと思います。新薬の3割程度の価格で購入できるので、その価格に不信感を抱き、未だジェネリック薬を利用したことのない人もいると思います。しかし、ジェネリック薬に含まれている成分は新薬と全く同じで、当然その効果も全く同じです。ジェネリック薬品は新薬の特許が切れた成分を違う製薬会社が製造し、正式に国が認めた薬品なので安心して利用いただけます。価格が安い理由は新薬の研究や開発にかかる膨大なお金と時間がジェネリック薬にはかからないためです。

さて、ジェネリック薬について分かったところで、個人輸入での購入の説明をします。ジェネリック薬の中には日本で販売の許可が下りていないお薬も多いです。特に性病治療薬や、避妊薬、ED治療薬などが未だに多く規制されています。薬事法で日本では販売できませんが、海外からの個人輸入での購入は法律的に認められています。悪い言い方だと輸入の『抜け穴』という表現になってしまいますが、けっして法に違反しているわけではありません。個人輸入にはメリットがあり、病院に行く交通費や診察代がかからないという点や、誰にも知られず治療を行うことが出来るということです。

ジェネリック薬だからといって先発薬に効果が劣るという事はありません。成分、効果は同じです。ジェネリック薬が心配の方はこちらを参考にしてみて下さい。

TOPに戻る