本当に効くクラミジア治療薬はどれ?あなたにあったお薬をご紹介します。

クラミジア検査キットの使い方

クラミジア検査キット

もしクラミジアの感染の疑いがあった場合でも、中々忙しくて病院へ行けない、費用が気になる、出来れば誰にも知られたくないなどの理由で、検査までたどり着くには脱落者が何人も存在するのが日本の今の現状です。
日本は先進国でも珍しくクラミジアの感染者が多くその人数は年々増加の傾向にあります。
これは国民性と考えてもよいのですが、性病=恥ずかしい事と捉える人が多いためではないでしょうか?
しかし、近年SNSの流行などから簡単に異性と交流でき、そして見知らぬ人とも性行為に及ぶ機会が増え、その結果知らない間に他の性病に感染してしまっているとも考えられます。

症状が乏しい事が特徴のクラミジアですが、もしかしてと感じたら早急に検査する必要があります。
医師による診察がベストなのですが、やはり診断が困難な方も大勢います。
そこでお勧めしたいのは、インターネットで購入できるクラミジア検査キットです。
いくつか種類がありますが、検査キットで自宅で検査をし、検査キットを送り返してWEB上で検査結果がみれるものもあります。日本ではこのタイプのものが多いのですが、海外製のクラミジア検査キットは、自宅で検査してそのまま15分ほどで検査結果を確認することが可能になっています。
しかも使い捨てタイプという簡単なもので、さらに日本での検査に比べて値段も非常に安く3分の1程度の値段で購入することができるのです。

クラミジア検査キットの使い方

この検査キットの使用方法ですが、男性の場合と女性の場合では異なります。
まず男性ですが、ペニスの尿が出るとこに差し込み、付着させるのですが、差し込むの?と怖く感じるかもしれませんがほんのちょっとだけなので不安になる必要はありません。
そして女性は膣に差し込んで付着させます。これも男性同様怖がる心配はいりません。
検体を摂取出来たら、検査キットの液体を垂らし15分から20分間待ちましょう。
時間がたった後の色で判断して陽性か陰性か判断しますが、もしここで陽性だった場合は感染の可能性が高く、早急に治療へと移ってください。今の時代ほとんどのものはインターネットで購入することができ、性病の検査キットもそれに当てはまります。
自分の事だけでなく、感染の蔓延を防ぐためにも異変を感じたら検査することが求められます。

 性病についてはこちら
 クラミジアについてはこちら