クラミジアを病院に行くことなく検査できる簡単な検査キットの使い方をご紹介します。

クラミジア検査キットの使い方

クラミジア検査キット

もしクラミジアの感染の疑いがあった場合でも、中々忙しくて病院へ行けない、費用が気になる、出来れば誰にも知られたくないなどの理由で、検査までたどり着くには脱落者が何人も存在するのが日本の今の現状です。
日本は先進国でも珍しくクラミジアの感染者が多くその人数は年々増加の傾向にあります。これは国民性と考えてもよいのですが、性病=恥ずかしい事と捉える人が多いためではないでしょうか?

しかし、近年SNSの流行などから簡単に異性と交流でき、そして見知らぬ人とも性行為に及ぶ機会が増え、その結果知らない間に他の性病に感染してしまっているとも考えられます。症状が乏しい事が特徴のクラミジアですが、もしかしてと感じたら早急に検査する必要があります。

医師による診察がベストなのですが、やはり診断が困難な方も大勢います。
そこでお勧めしたいのは、インターネットで購入できるクラミジア検査キットです。いくつか種類がありますが、検査キットで自宅で検査をし、検査キットを送り返してWEB上で検査結果がみれるものもあります。日本ではこのタイプのものが多いのですが、海外製のクラミジア検査キットは、自宅で検査してそのまま15分ほどで検査結果を確認することが可能になっています。
しかも使い捨てタイプという簡単なもので、さらに日本での検査に比べて値段も非常に安く3分の1程度の値段で購入することができます。

クラミジア検査方法

自己採取方法

検査キット ケースから採取器具を取り出します。
検査キット バランスを崩さないように、片膝をつきます。(洋式の便座などに座るのも良いでしょう。)怪我をしないように不安な女性は片手をつくのも良いです。
検査キット 黄色いキャップをはずして、ストッパーが止まるまで、膣の中にゆっくり器具を挿入します。焦って器具を挿入してしまうと、ストッパー部分で止まらなくなってしまう恐れがあります。ゆっくり挿入すれば問題はありません。
検査キット ハンドルを押し込むとスポンジがでます。その状態でゆっくり右に6回まわします。
検査キット ハンドルをゆっくり外側に引いて下さい。その後にスポンジをしまい、膣から器具をゆっくり取り出します。
検査キット スポンジにピンク色の保存液を滴下します。注意すべき点は保存液を勢いよく出してしまうと、滴下溝から逸れて正確な判断ができなっくなってしまう可能性があります。ですが、全く難しい事ではないので安心して下さい。
検査キット 滴下後に、黄色いキャップをかぶせます。
検査キット 器具をケースに収めて終了です。採取方法自体は全く難しい事ではありませんので、おちついてゆっくりすれば心配する事はありません。

この検査キットの使用方法ですが、男性の場合と女性の場合では異なります。まず男性ですが、ペニスの尿が出るとこに差し込み、付着させるのですが、差し込むの?と怖く感じるかもしれませんがほんのちょっとだけなので不安になる必要はありません。

そして女性は膣に差し込んで付着させます。これも男性同様怖がる心配はいりません。
検体を摂取出来たら、検査キットの液体を垂らし15分から20分間待ちましょう。
時間がたった後の色で判断して陽性か陰性か判断しますが、もしここで陽性だった場合は感染の可能性が高く、早急に治療へと移ってください。今の時代ほとんどのものはインターネットで購入することができ、性病の検査キットもそれに当てはまります。
自分の事だけでなく、感染の蔓延を防ぐためにも異変を感じたら検査することが求められます。

クラミジアは自然治癒する事は無いので、早期治療が重要です。もしかしてと思ったら自宅にて検査する事を心がけましょう。

クラミジア症状原因を詳しく知る事で予防策や今後の考え方も変わってくるかと思います。詳しくはこちらをどうぞ。

クラミジア検査結果について

クラミジア検査キット

検査キット使用後に20分間待てば間違いなく結果がでます。検査結果は陽性と陰性のいずれかです。陽性ならクラミジアに感染しているので、治療の処置が必要です。陰性ならクラミジアに感染していないので、治療の処置は必要ありません。

検査結果が陽性、陰性に関わらず検査キットとジスロマックの両方を合わせて購入しておくのが良いでしょう。保険をかけておくという意味では正解だと思います。陽性の場合はすぐに処置が必要になってくるので検査キットのみ購入してしまうと、治療までの日数が空いてしまい早期の治療で簡単に治す事ができる機会を逃してしまいます。

結果、菌が増殖し体が蝕まれていくだけです。仮に、検査結果が陰性の場合だとジスロマックを使う必要がないので、常備薬として手元に置いておくと良いでしょう。緊急時には役立ちます。陽性の方のみになりますが、個人差はありますが、2週間~1ヵ月後治療が済んだ後にはもう一度検査キットを使って必ず検査して下さい。検査結果が陰性になっていれば完治したと考えて良いでしょう。クラミジアの治療薬にはクラビットもあります。ジスロマックと同様にクラミジアに対しては非常に効果があります。ご自身にあった治療薬を選んで下さい。

TOPに戻る