クラミジアの原因となるのは性行為です。自覚症状が乏しいのも細菌の特徴といえます。

クラミジアの原因!?その細菌の特徴

クラミジアの原因菌は症状が乏しく感知されにくい。

男性

クラミジアの原因として一番多く考えられるのはオーラルセックスが原因です。決まったカップルにかぎらず、風俗店(ピンサロ)にて風俗嬢の『女性の口から男性の生殖器』がここ日本国内では一番の原因と言えるでしょう。

このクラミジアという性感染症は個々のコンディションが影響するような「ヘルペス」や「カンジダ」とは異なり完璧に予防する手段といえば、キスを含めたすべての性行為を絶対にしないという事くらいしかありません。まさに非現実的です。信頼できるパートナーとのみのセックスをしましょう。

もしかしたらクラミジアかもしれないと思い、余り症状は出てないけど一応検査を受けたらクラミジアと診断された。これは不思議なことでもなんでもなく、ごくごく当たり前のことです。

クラミジアの特徴として、気づかないほどの症状というものがあり、そのため感染者の多くは感染に気付かないまま、性行為を繰り返し、感染を拡大させるため、感染者数の非常に多い性病です。「気づかない」その為には対策さえしっかりしておけば安心できます。備えあれば憂いなしです。

クラミジアの原因となる行為と感染を予防する対策

クラミジアの原因菌は性行為以外での感染はありません。

クラミジアの原因となる細菌は基本的に人間を主としたほにゅう類の粘膜の細胞、体液等が直接ふれあう性行為のみ感染します。例えば、市営プールや温泉という公衆一般が利用するを入浴施設や、ジュースの回し飲みといった事がクラミジアの原因になるケースは稀なケースで極めてひくいといえます。クラミジアの感染の源になるのは下記の通りです。

クラミジアの感染源
性器 有性生殖時に体内受精を行う種において行われる「交接(交尾)行動」に関与する器官の総称。
 口は人が生命活動をしてゆく為に食物を取り入れる最初の体内部分
 口の奥の、食道、気管に通ずる部分。
直腸 肛門直前の腸の部分である。 ヒトでは大腸のうち仙骨上端から肛門管直上までの部分。
体液 体内にあるすべての液体。精子・血液・リンパ液・膣分泌液・唾液・脳脊髄(のうせきずい)液など。

クラミジアの原因となる細菌感染率の特徴

クラミジア感染率

クラミジアの感染確率は非常に高く、コンドームを使用せずに性交を行った場合、50%以上の確率と言われています。

2回に1回の割合で感染してしまうという事になります。しかし、コンドームを使わなかったとしても、膣の中で射精しなければ、感染率は低くなると言われており、性器同士があまり触れなければ感染する確率はさらに下がると言われています。

しかし、それでも感染するリスクが高いのは事実であり、気をつける必要があります。咽頭クラミジアに感染しているケースも一緒で、フェラチオなどのオーラルセックスで、膣からのクラミジア感染率と口からのクラミジア感染率は?「膣と口」どちらかと聞くと正直なところ膣よりは口が感染率が低いと思うのが男性の心理かと思います。

実際はクラミジア感染率は全く変わりません。ただ、50%以上の感染率は精液と膣の分泌物の中に含まれている「クラミジア菌」の量とセックスの時間まで、状況によっては変わってきます。クラミジアの感染率は男性と女性で比較をすると日本では男性の患者に比べ、女性の患者が20%程多いとの事が報告されています。

また、クラミジアに感染した男性の半分で症状が出始めるのに対しては女性は2割しか症状がでません。男性に比べ女性は約5倍の患者がいると考えられているのが事実です。これは物理的な話ですが、クラミジア・トラコマチスは、60度以上の環境の中で10分以上居ると、確実に死にます。

いうなれば60度以上保てる場所や空間であれば、感染する可能性は大幅に下げる事が出来ると言うことです。しかし60度以上となると我々人間が先に参ってしまいます。現実的ではありません。クラミジアの放置によってHIV感染率がどれくらい上昇するかというと、通常の3倍から5倍と言われています。

クラミジアは感染率も非常に高く、70%の確率で感染してしまうと言われており、このクラミジア感染率は、2回同じ感染者と性行為をすることで100%感染してしまうといっても過言ではありません。また、パートナーが感染していた場合、自身も感染していると疑ったほうが良いでしょう

クラミジアという性病に関しては『病気』とうい考え方を改め、『細菌』つまり生物として考えるのが無難かもしれません。1人1人がクラミジア菌の実体を、そして感染症に関しての知識を持つことで、それに見合った適切な予防がクラミジア感染率を減らす事になるでしょう。

クラミジアが原因で性器に異常!?まずは焦らず検査です。

クラミジアの主な疾患
それは尿道・子宮頸管の炎症、時には淋病が原因でおこる!?

クラミジアが原因で男性におこる『尿道炎(にょうどうえん)』女性におこる『子宮頸管炎(しきゅうけいかんえん)』はクラミジア特有の疾患にかぎりません。淋病、または他の雑菌や細菌が感染したケースでもおこります。

特にクラミジア・トラコマティスと淋菌は、感染の経路が似ているために重複で感染しやすいといえます。淋病の尿道炎を発症したという男性にかぎる患者の20%から30%はクラミジアの原因菌が同時感染しているといわれています。

尚、クラミジアの原因菌が性器、喉(のど)に感染していたケースだと、見た目だけで判断ができないのが厄介です。性器に異常!?がおこったら早めに検査をし、明確な感染の状況を知ることが大切です。男性のケースは性器感染を調べる際は『尿』女性のケースは子宮頸管の『分泌物』『粘膜』を採取し検査します。

クラミジアを長期間放置
結果的に不妊や新生児疾患の原因!?

精子の通り道が塞がると男性、女性ともに不妊症になる!?

男性器にクラミジアの原因菌が感染

尿道→・射精管→・精管→・副睾丸
という流れによって進行します。※副睾丸(精巣上体)睾丸(金玉)

女性器にクラミジアの原因菌が感染

子宮頸管→・卵管→・卵巣
という流れによって進行します。卵管の御役は卵子を生成し、卵巣と子宮の架け橋です。この間が男性同に炎症をおこし、癒着する事で男性側から入ってきた精子を卵巣へ運べなくなるという事です。

卵管炎、卵巣炎を放ったら化した場合だと、不妊症とはまた別に子宮外妊娠の可能性も考えられます。最悪の事態を避ける為にも抗生物質による早期の治療が大切です。

クラビットを通販で購入する

TOPに戻る