本当に効くクラミジア治療薬はどれ?あなたにあったお薬をご紹介します。

クラビットの効果・服用方法

クラビットとは

クラビットはニューキロノン系と呼ばれる抗生物質で、病原菌の増殖に必要なタンパク質を抑制することで病原菌の増殖を防ぎます。主成分はレボフロキサシン水和物で、この成分は病原菌に直接働きかけるわけではなく、生成元に作用し、人体への影響を最小限に抑えることができます。

クラビットは一般的に眼科、耳鼻科、歯科、婦人科、泌尿器科、皮膚科、内科などで処方されますが、クラミジアの治療薬として、とても有名です。クラミジアは性器だけでなく咽喉や扁桃などにも感染してしまう事から泌尿器科だけでなく様々な診療科でも使用されています。
主成分の濃度を上げて、より抗菌作用を高めているため、服用は1日1回と少量で済みます。

クラビットには錠剤タイプと細粒タイプとあり、成分量が250mg、500mg、細粒10%と用途によって容量が様々です。幼児に使用する際はオゼックス小児用として、マイコプラズマやコレラ、中耳炎などの治療に使用されます。
ニューキロノン系は他の抗生物質に比べ、効果も高い上に副作用が少ないことで知られています。
しかし、その他疾患のある患者の方や、妊婦、幼児の使用に関しては必ず医師に相談してから使用してください。

服用方法は症状によって異なります。成人は1日1回1錠(500mg)を服用します。
クラミジアに感染したかもしれないと思ったら、クラビットがお勧めです。
クラミジアは感染に気付かないケースがほとんどで、そのまま性行為を繰り返し、感染を拡大してしまうため、日本で1番多い性感染症です。
症状はとても分かりづらいですが、少しでも異変を感じたらクラミジアを疑い、検査するか治療薬を使用しましょう。

 クラミジアの症状と感染経路についてはこちら
 クラミジア検査キットについてはこちら

おすすめのクラミジア治療薬