本当に効くクラミジア治療薬はどれ?あなたにあったお薬をご紹介します。

クラミジアの症状

クラミジアの症状は男女で異なり、特に女性はとても気づきにくいです。妊娠検診で初めて発覚したというケースもある程です。最悪の場合、不妊症や、子宮系の疾患胎児への影響が出てきますので注意したい病気です。妊娠検診ではリスクも踏まえ検査を必ず行っています。

男性の場合は女性に比べるとわかりやすいですが、分かりにくい症状には違いないです。代表的なのが尿道からの膿や排尿痛です。大体の人がこれで気づきます。さらに陰茎が炎症を起こし、高熱を引き起こす可能性もあります。
男性も放置してしまうと、前立腺炎、血精液症、無性症などの危険性があります。

唇

クラミジアは性器だけでなく咽頭と呼ばれる口内にも感染します。
これは主にオーラルセックスによるものです。驚きなのが性器に直接触れていなくても、咽頭と咽頭だけでも感染するというのですから、もしかするとどんなに気をつけていても難しい部分があるのかもしれません。咽頭クラミジアの症状は喉の痛みや腫れ、発熱などを発症します。発熱などを発症し風邪の症状に似ている為に、判断がしづらい点があります。それに加え、風邪だと思い、診察をしても咽頭クラミジアだとわからないという問題があります。性器に感染するクラミジア以外にも咽頭クラミジアというものがあり、主に喉の腫れや痛み、発熱といった症状が現れます。

このような症状は風邪と間違われやすく、一般の風邪薬として対応されたり診察しても風邪と診断されてしまうことがあります。咽頭クラミジアはオーラルセックスで感染することが多く、心当たりのある人じゃないとまずただの風邪じゃないと気付かないでしょう。咽頭クラミジアは誤診されやすい症状なのでセフェム系の抗生物質が処方されることもあります。その場合、このタイプの抗生物質では咽頭クラミジアは感知できないので注意が必要です。咽頭クラミジアはそれほど重い症状でないことが多いので放置してしまう人がいますが、感染する率が高いため知らずして周りの人に感染させてしまうことがありますので早急に処置する必要があります。

クラミジアの関連ページ

クラミジアは自然治癒では絶対に治らない性感染症です。感染している事を知りながら放っておくとクラミジア菌が増え、最悪のケースだとHIV感染もあります。 しかしクラミジアは重い病気ではありません。クラミジアのを使う事で治す事ができます。

男性のクラミジアの症状

男性のクラミジアの症状

クラミジアの症状が男性の場合、泌尿痛が主です。痛みも初期の段階は軽いので、放尿の時に少し違和感があるくらいです。その症状のほとんどが尿道周辺に集中しているという事です。

その中でも1つは、痒みを感じるパターンもあります。この症状に対して感じているのですが、放置が多いケースになります。クラミジアの症状が分かりやすくなるのは、尿道からウミが出始めます。やっとこの状態でおかしいと思える事でしょう。その場合はほぼ100%クラミジア菌の悪行に侵されています。

男性のケース

女性と比較すると男性は極めて症状が分かりやすいといわれ、症状自体が出やすいという事です。勿論早期に適した治療をする重要性があるのですが、世の男性は『性感染症』という事に関する意識が女性にくらべると意識が低いので、放置した状態で日常を過ごすケースは少なくありません。

そうなるとパートナーに対して感染させていまう可能性が高いというのと、『放置』した事によって生じる最悪の状態と隣り合わせという事態になります。男性がクラミジアを放置する事により体にどのような危険が生じるのか。それは尿道炎の悪化となり、放尿時の激痛や膿(色は白)などが出てきます。その時点で『性感染症』と疑い治療をするのが賢明ですが、クラミジアが次第に体の中へ進行します。

尿道をたどり深い部分まで達すと、【前立腺炎(ぜんりつせんえん)】【副睾丸炎(ふくこうがんえん)】の症状を患ってしまいます。一般に【前立腺炎(ぜんりつせんえん)】も症状に関しては乏しい病気ですが、一方で【副睾丸炎(ふくこうがんえん)】は精巣の腫れと痛みがあります。

自身で睾丸をさわり痛み、違和感があれば注意しましょう。また【前立腺炎(ぜんりつせんえん)】のケースは残尿感、下腹部のムカムカといった症状です。発熱などは双方の症状が悪化することにより起こります。その他【血精液症(けっせいえきしょう】これは精子に血が混ざる症状です。前立腺を介して進行していく事が多いケースです。

男性の症状のを平たく挙げると
精巣が腫れる発熱が生じる尿道以外にも発症し始める

上記で記している通り、この3つだと症状がかなり進行している具合になります。
この状態でも放置していまうと、第三者への感染だけでなく、前立腺炎(ぜんりつせんえん)、血精液症(けつせいえきしょう)といった問題が発生します。

血精液症
精液内に血液が混じり、精液が赤くなる状態これが、血精液症です。出血部位の多いケースだと、精嚢(せいのう)か前立腺になります。出血した時期によって血の色も変わり、古い時期の出血だと黒系になり、固まった血液の塊が混ざるケースもあります。一方で出血が新しい場合は赤に近い鮮血です。これは射精時にも痛むのは極めて稀なケースです。しかし、射精時に痛みがあある時は炎症を起こしている可能生があります。

女性のクラミジアの症状

女性

女性のケース

男性に比べると比較的クラミジアにいたっては分かりにくいというのが事実です。初期の自覚症状がほとんどないというのが一番問題視されています。症状が無いというのが正解かもしれません。その症状が無い状態で多くの女性は男性とセックスし、男性側へ広めてしまいます。いわゆる『感染』させるという事です。

こう考えると女性のクラミジアに関する患者の数が右上がりなのはもう察しがつくと思います。『放置』しているという事はクラミジア菌は悪行を重ね、更には莫大な量で繁殖を続けているという状態にあります。あふれかえった菌は子宮頸管内介して【子宮頸管炎(しきゅうけいかんえん)】を患ってしまう結果となります。悪行はこれだけではありません。

更に勢力をまし、とどまる事を知らず、卵管に侵入され重度の【卵管炎(らんかんえん)】となるきっかけとなります。【子宮頸管炎(しきゅうけいかんえん)】と【卵管炎(らんかんえん)】は不妊を招く大きな原因となります。卵管炎のケースはかなりの確率で不妊症となってしまいます。ここからも菌の悪事は加速していきます。さらに放置を続けると骨盤の内部に凄まじく感染します。

【骨盤内感染症(こつばんないかんせんしょう)】をわずらい、これは重篤な不妊症になってしまいます。クラミジアに侵されている女性が仮に妊娠したとしても、子宮外妊娠になるケースが極めて高く、感染していない女性の健全な妊娠は難しくなってしまうのが、事実といえます。放置すると妊娠を主とする臓器全体を蝕まれます、その後は腹部を上に進み肝臓への感染が始まり、次第に体がボロボロになってしまいます。

女性の症状のを平たく挙げると
尿道に炎症がおきる排尿時に尿がしみるオリモノの量が若干増える
濃いオリモノが多くなる性行為時の痛み

上記でも説明をしていますが、男性の場合は前立腺を介して感染が進行してしまいます。女性に至っては妊娠にかかわる臓器全体を蝕まれてしまいます。
クラミジアを放置して手遅れになる前に治療しましょう。

クラミジア検査キット購入はこちら>>

ジスロマックの購入はこちら>>

クラミジアの原因

男性

クラミジアの原因として一番多く考えられるのはオーラルセックスが原因です。決まったカップルにかぎらず、風俗店(ピンサロ)にて風俗嬢の『女性の口から男性の生殖器』がここ日本国内では一番の原因と言えるでしょう。このクラミジアという性感染症は個々のコンディションが影響するような「ヘルペス」や「カンジダ」とは異なり完璧に予防する手段といえば、キスを含めたすべての性行為を絶対にしないという事くらいしかありません。まさに非現実的です。信頼できるパートナーとのみのセックスをしましょう。

もしかしたらクラミジアかもしれないと思い、余り症状は出てないけど一応検査を受けたらクラミジアと診断された。これは不思議なことでもなんでもなく、ごくごく当たり前のことです。クラミジアの特徴として、気づかないほどの症状というものがあり、そのため感染者の多くは感染に気付かないまま、性行為を繰り返し、感染を拡大させるため、感染者数の非常に多い性病です。「気づかない」その為には対策さえしっかりしておけば安心できます。備えあれば憂いなしです。

クラミジアとは

クラミジアとは

クラミジアとは、クラミジアトラコマチスという細菌によって感染してしまう性感染症のことです。数々のサイトを閲覧していると、クラミジアをウィルスと記している記事をよく見かけますが、クラミジア科に属される細菌の一種で『性器クラミジア感染症』『鼠径リンパ肉芽腫』の原因となる細菌です。人体に害を及ぼすのはトラコマチスの中のTrachoma型とLGV型で2種類と言われています。

更に言うと、血清型でタイプもあり、18種類のタイプが存在します。このクラミジアは人間の細胞内に寄生をします。その宿主から栄養を奪い、自力で生存し増殖しているのが実態です。3日という短い日数で別の細胞を求め、増やすことに成功した後に宿主細胞を探し求め細菌を放つサイクルが習性となっています。性病とか自分には関係無いと考えている方は多いかと思いますが、実はこのクラミジアは、日本国内の性感染症の中で一番感染者が多いと言われています、特に若い世代での感染が年々上昇している傾向があります。なぜ、日本で一番感染者が多いのかと説明いたしますと、意外な理由でその原因の多くは自覚症状が少ないことが挙げられます。自覚症状が出ないので、感染したことに気づかず、放置してしまいまたほかの人に感染させてしまいます。

特に女性は全く感染してることに気付きにくく、妊婦健診の際の検査で初めて感染していたことに気付くという方もいらっしゃいます。女性の場合、オリモノが少し多くなったなどもありますが、やはり感染してることには気づきにくいです。 男性でも自覚している方は少なく、尿道炎になって初めて気づくケースが主です。女性の場合放置してしまうと、不妊症になりやすくなり、子宮外妊娠などがおきる可能性をもっています。妊娠できても流産の確率も上がり、出産まで至っても自然分娩の場合生まれてきた子供に感染させ肺炎を起こさせてしまうリスクを抱えてしまいます。性交を行った場合、自身の身体に少しでも異常を感じた場合はすみやかに検査しましょう。

クラミジア検査キットの詳細>>

クラミジアが完治するまでの治療期間の日数は?

カレンダー

ジスロマックは1度の服用で約1週間の効き目が持続すると言われています。薬を服用することで症状が治ったと感じられると思いますが菌を完全に死滅されるために、症状が治まっても1週間程薬を服用しましょう。完治までにはジスロマックを服用した日から約1ヵ月です。

ここで言う『完治』は見た目ではなく、クラミジアの退治が終了し3週間~4週間経過後にクラミジアの再発検査にて、陰性のケースが『完治』となります。早い人では見た目に関しては5日~7日程で変わってきます。平たく言うとジスロマックを服用した日から約1ヵ月と考えるのが良いでしょう。しかし、病状というのは個人差があり、症状や病状の進み具合で異なってきます。

治る日数イラスト 世間一般には7日ほどでクラミジアは『治療』はできます。ジスロマックにしたらクラミジアに関しての治療自体はさほど大変ではありません。早期に発見、それに見合った処置をする事で効率てきに治療することができます。

また、軽度のクラミジアの症状であれば、ジスロマックを1度服用する事で『完治』するケースも少なくありません。実は抗生剤というものは、でたらめな飲み方をすると病原菌自体の耐性を高める原因となります。

自己判断で薬の量を減らしたり、症状が目に見えないから改善したと勘違いして服用を止めるのが一番危険です。体の中に残った菌が再繁殖し結果、完治までの道のりが長くなるだけですので、用法と用量をしっかり守れば問題ありません。

※上記のイラストで説明しているのは完全に菌を死滅させるという説明です。

クラミジア感染率

クラミジア感染率

クラミジアの感染確率は非常に高く、コンドームを使用せずに性交を行った場合、50%以上の確率と言われています。2回に1回の割合で感染してしまうという事になります。しかし、コンドームを使わなかったとしても、膣の中で射精しなければ、感染率は低くなると言われており、性器同士があまり触れなければ感染する確率はさらに下がると言われています。

しかし、それでも感染するリスクが高いのは事実であり、気をつける必要があります。咽頭クラミジアに感染しているケースも一緒で、フェラチオなどのオーラスセックスで、膣からのクラミジア感染率と口からのクラミジア感染率は?「膣と口」どちらかと聞くと正直なところ膣よりは口が感染率が低いと思うのが男性の心理かと思います。実際はクラミジア感染率は全く変わりません。ただ、50%以上の感染率は精液と膣の分泌物の中に含まれている「クラミジア菌」の量とセックスの時間まで、状況によっては変わってきます。クラミジアの感染率は男性と女性で比較をすると日本では男性の患者に比べ、女性の患者が20%程多いとの事が報告されています。

また、クラミジアに感染した男性の半分で症状が出始めるのに対しては女性は2割しか症状がでません。男性に比べ女性は約5倍の患者がいると考えられているのが事実です。これは物理的な話ですが、クラミジア・トラコマチスは、60度以上の環境の中で10分以上居ると、確実に死にます。いうなれば60度以上保てる場所や空間であれば、感染する可能性は大幅に下げる事が出来ると言うことです。しかし60度以上となると我々人間が先に参ってしまいます。現実的ではありません。

クラミジアの放置によってHIV感染率がどれくらい上昇するかというと、通常の3倍から5倍と言われています。クラミジアは感染率も非常に高く、70%の確率で感染してしまうと言われており、このクラミジア感染率は、2回同じ感染者と性行為をすることで100%感染してしまうといっても過言ではありません。また、パートナーが感染していた場合、自身も感染していると疑ったほうが良いでしょう。クラミジアという性病に関しては『病気』とうい考え方を改め、『細菌』つまり生物として考えるのが無難かもしれません。1人1人がクラミジア菌の実体を、そして感染症に関しての知識を持つことで、それに見合った適切な予防がクラミジア感染率を減らす事になるでしょう。

咽頭クラミジアの感染率

サイクル感染イラスト

上記でも説明しましたが、オーラルセックスによっても高い確率でクラミジアは感染します。 少し考え方を変えると挿入で感染するよりも、オーラルセックス(クンニリングスやフェラチオ)のケースが感染するケースが確実に多いです。ではなぜ、挿入よりもオーラスセックスの感染率が高いのか。

コンドームを付けて挿入する事で予防策となり、感染確率を下げる事ができるのは確かです。これはコンドームを使うという事により予防が成立します。しかしフェラチオ、クンニリングスにおいてはコンドームを使わないのがほとんどかと思います。キスに至っては防ぎようがありません。稀にコンドームを付けてフェラチオはあるとしても、クンニリングスの場合はなかなか難しいと思います。

そうすると、コンドームを付けて挿入しているケースが感染率が低いと考えるのが妥当です。予防策のない状態でのオーラスセックスの感染率が非常に高いという考えが持てます。 咽頭クラミジアは喉の感染で、性器→のど→性器へとサイクル的に感染し人を介して拡大していきます。 咽頭クラミジアになる感染率は相手がクラミジア菌を持っているケースだとフェラチオは50%、クンニリングスは30%くらいだと考えられます。

クラミジアの感染経路

男女手

クラミジアはあらゆる性行為で感染します。 基本的に粘膜同士の接触で、菌が精液や膣分泌液を介して感染します。 コンドームを使用しない性行為の場合、相手が感染していたら50%の確率で、感染してしまいます。咽頭にも感染しますので、コンドームの使用はもちろん、信頼できる相手との性行為が非常に望ましいです。一昔前まではクラミジアにかかったと聞くと、だらしがない人というイメージや、風俗に通っている人というイメージがあり、現在でもそれは変わりませんが、悪い意味ではなく、性行為に対してオープンな人が増え、人と人の交流が今まで以上に増えたことから、若い一般的な男女10人に3人はクラミジア感染者だといわれています。 誰にでも起こりうる性病なので、決して自分は大丈夫とは思わないでください。

不特定多数の人と関係を持つ人などは特に危険で、その相手全員が信頼でき、なおかつ自分以外と性行為をしないという確証があるのなら感染は防げるかもしれませんが、そんなことは絶対にありません。なので避妊という意味も含め、コンドームン使用は必須と思われます。

ここ日本では性感染症(性病)『クラミジア』に感染してしまうケースが非常に多く、10代~高齢者までかなりの幅で感染しています。クラミジアには意思がなく、クラミジアという菌が独りでに誰かを狙って感染という事はありません。クラミジア自体は『偏性細胞内寄生体(へんせいさいぼうないきせいたい)』で、細胞の中でしか生きる事ができないというのが特徴です。キッチン用品で例えると、大腸菌はまな板などの『無機物』で生きる事ができます。一方でクラミジアに関しては『無機物』では生きる事ができません。クラミジアの感染経路は人間の身体を介して感染を広げていきます。粘膜同士が直接触れる事以外はないという事になります。

粘膜というのは

  • 口の中
  • 鼻の中
  • くちびる
  • まぶたの裏側
  • 亀頭(男性器)
  • 膣(女性器)
  • 肛門の中

上記でも述べましたが、クラミジア感染経路は粘膜と粘膜が直接触れるというのが主ですが、実は射精する精液の中や膣の分泌液の中にもクラミジアは存在します。例えば、クラミジアに感染している人の膣の分泌液が付いたものや精液が付いた手で目を擦ってしますと、結膜炎を患ってしまうケースもあり、このように感染経路は様々です。

性感染症は、臨床症状が比較的軽微であることもあいまって、クラミジアに対する警戒心が薄れているきらいがありますが、最近になって、性感染症自体の内容も変化しているように見受けられます。感染部位が性器以外の口腔、肛門などに広がってきている事、かつての病原微生物が比較的強く感染部位の反応を示していたのに比べ、最近では無症候性感染が増加しています。このような無症状の感染の増加は性感染症の感染源がいわゆる歓楽街を中心としたものから、一般社会、家庭の中へと感染の幅を大きく広げつつある事を示しています。 このように性感染症の概念は一昔まえに比べ大きく変化している事に留意しなければなりません。 クラミジア症は今現在も徐々に増加を続け、性感染症の中では郡を抜いて多いです。性感染症が数ある中で、女性の性感染症の約半数を占めるのがクラミジア症です。若年層に多い性感染症の問題が浮き彫りにされ、これは軽視してはならない重要な病気という事です。 放置し続けると最終的にクラミジア感染症からやがて近い将来はHIV感染の急激な拡大につながるのではないかと恐れられています。

おかしいなと自身で感じたら早めに検査をし、
パートナーとの話し合いを大切にする事を心がける。
性感染症は大変身近な病気であり決して特別な病気ではないという事を認識する。

クラミジア症は自分だけの問題でなく、パートナーも一緒に考えてあげるとクラミジア症の感染はおのずと減ってくるでしょう。 話を切り出す勇気もいります。私も人に話を切り出すのが怖かったので気持ちは分かるつもりです。現代は病院へ行かなくても自宅で検査でき、自身で治療できる時代になりました。その第一歩を踏み出す事で結果は必ずいい方向へと進んでいきます。

口からの感染経路

唇

女性に限ってはクラミジアに感染している自覚症状自体があまりありません。俗に言う咽頭クラミジアです。自覚症状がないという事は口の中に異変がないという事、自覚症状がない中では言ってしまえば普通の状態です。オーラスセックス(性行為の前戯)で、キスやフェラチオなどを指します。キスは気持ちを伝える上で一番てっとり早く表現としてもベターなので、女性は簡単にキスをしてしまいます。そのキスをする際に粘膜で生存しているクラミジア菌がキスという行為を介して次の感染が起きてしまします。感染時に痛みや異変はその場では感じる事が全くないので、感染してしまった、男性は気づかずにそのままやり過ごすケースで口からの感染が成立していまします。

フェラチオ(男性の生殖器を女性が口で舐める行為)も一緒で、口の中にクラミジア菌が生存していると男性の亀頭を舐めたり、しゃぶったりすることで「粘膜」と「粘膜」の接触によりクラミジア菌が新たに感染を拡大します。クンニリングスも一緒で男性がすでに感染していると女性の膣に新たに感染させてしまいます。口と一緒で感染時に痛み、違和感も全くありません。結果、そのままやり過ごしてしまいます。

膣からの感染経路

口からの感染とは少し違う点があり、コンドームを使う事で予防策にはなりますが、必ずしも防げるという事ではありません。あくまで予防です。なにかの拍子で亀頭についてしまった場合は感染してしまいます。もともと、クラミジア菌という物体として目に見えるものであれば、防ぐのは可能かと思いますが、そもそも我々人間の肉眼でみえるものではありません。電子顕微鏡でやっと見えるレベルなので、「粘膜に触れない」ほか完璧といえる対策はありません。現実的に考えて無理と言えます。この様に『口』『膣』であり結局は人から人へ感染していきます。更には若い10代~20代の女性に至っては、【子宮頸管(しきゅうけいかん)】が広いので、クラミジアに感染しやすくなっているというのも感染経路の特徴の一つでもあります。

男性のクラミジア潜伏期間

男性の場合、1週間~3週間程がクラミジア菌の潜伏期間です。個人差は勿論ありますが、遅い方は1ヵ月以上にもわたり潜伏するケースもあります。
なぜ、そこまで長くなるのか。それは感染したルートの違いが理由の1つです。 オーラルセックスだと潜伏期間が長くなり、発症までに時間が掛かります。それは、女性から感染するクラミジアは最初の段階で実は数が少ない、感染後に増殖し発症までの時間を要するという事です。

女性のクラミジア潜伏期間

男性と同じく1週間~3週間程です。平均では潜伏期間が約2週間となります。ここで1つ大事なのは、女性が感染した場合のクラミジア潜伏期間という情報は、あまり当てになりません。上記でもイラストで記していますが、8割の女性は症状を感じない、自覚症状がないという事です。平たく言うなら潜伏期間が分からないという事になります。

非常に稀ですが数年もの間、症状が出る事が無く潜伏していた症例も実際にあります。 そこで治療にあたっての難しさがでてきます。いつの行為が原因となったのか特定すらできなくなり、クラミジア以外の性病にも掛かりやすくなる体になってしまいます。症状がないまま体内でクラミジア菌が増え続け悪行が進行する結果、妊娠した際に初めてのクラミジア検査で感染している事実を知る人も実は多いケースです。

発症まで1~3週間又は、発症しないケースで長い年月潜伏している可能性もあります。 自分も含めパートナーが発症したり、少しの事でも可能性があると考える場合にはすぐに検査をする事を心がけて下さい。クリニックまで足を運ばなくても、正確に自宅で簡単に出来る検査キットもあります。

クラミジア検査キット購入はこちら>>

クラミジアを早急に対処する理由

クラミジアとは

クラミジアとは日本で最も感染者数の多い性感染症です。あらゆる性行為によって感染してしまうこの症状ですが、何より厄介なのは気づけないくらいの症状が主で、無自覚で性行為を繰り返し感染を拡大してしまうことです。性器クラミジアの場合この症状が重症化した場合女性は不妊症、男性はバセドウ病になるというデータがあります。また女性の役8割、男性でも5割しか症状に気付きません。また感染することによってHIVの感染率も上がってしまうというリスクもあります。

咽頭クラミジアは誤診されやすい症状なのでセフェム系の抗生物質が処方されることもあります。その場合、このタイプの抗生物質では咽頭クラミジアは感知できないので注意が必要です。咽頭クラミジアはそれほど重い症状でないことが多いので放置してしまう人がいますが、感染する率が高いため知らずして周りの人に感染させてしまうことがありますので早急に処置する事が第一です。

ジスロマックはマクロライド系の抗生物質ですが、マクロライド系が効かないケースにはニューキノロン系のクラビットがあります。どちらもクラミジア感染症には効果があります。この2つの治療薬の違いは飲み方と作用に違いがあります。自身に合う薬を選んで下さい。

ジスロマック効果の詳細>>

クラビット効果の詳細>>

ここではクラミジアについてお話をしていますが、性感染症にはまだまだ数多くの性感染症があります。クラミジア以外の性感染症について別ページにて掲載していますので詳しくはリンクをどうぞ。

クラミジア以外の性感染症>>

クラミジア体験談

クラミジア体験談

とある30歳女性のお話

5年くらい前の話なのですが、クラミジアに感染したことがあります。当時付き合っていた彼氏から感染しました。その方は非常にモテる人だったので、浮気をされていたみたいです。

クラミジアに気がついたきっかけはおりものでした。おりものが急に増えて、なんか変だなと思ったので、一応病院に行ったらクラミジアと診断されました。産婦人科に行くのは初めてだったので、とても恥ずかしかったです。病院でジスロマックというお薬を処方してもらい、1週間ほどで症状は治まりました。病院の先生からは症状が薬は飲みきるように言われたので、1週間以上飲みました。

そして彼氏にも治療を勧めましたが、彼はまったく症状が出ていないため、病院に行く気配は全くありませんでした。そこで別れを決意しました。もう少し早く彼の本質に気づくべきでした。

実際に感染したから分かることは、本当に症状が微々たるものということ。病院に行くのが抵抗があり、とても恥ずかしかったこと。症状は軽いとはいえ、クラミジアになってしまったというショックがあること。あとは放置することが一番良くないなと思いました。自分が感染してから少々調べましたが、放置してしまうと、赤ちゃんができなくなってしまったり、子宮系の病気にかかってしまたりと、取り返しのつかない状態もありえるそうです。少しでも異変を感じたらすぐに検査をすることをお勧めします。