クラミジアの症状は
男性、女性と異なり発症します。自覚症状がないのも特徴です

クラミジアの症状

クラミジアの症状は男女で異なり、特に女性はとても気づきにくいです。妊娠検診で初めて発覚したというケースもある程です。最悪の場合、不妊症や、子宮系の疾患、胎児への影響が出てきますので注意したい病気です。妊娠検診ではリスクも踏まえ検査を必ず行っています。

女性

男性の場合は女性に比べるとわかりやすいですが、分かりにくい症状には違いないです。代表的なのが尿道からの膿や排尿痛です。大体の人がこれで気づきます。さらに陰茎が炎症を起こし、高熱を引き起こす可能性もあります。男性も放置してしまうと、前立腺炎、血精液症、無性症などの危険性があります。

男性の性器におこるクラミジアの症状

尿道の違和感や精巣の腫れ・痛み・残尿感といった症状

男性のクラミジアの症状
男性のケース

女性と比較すると男性は極めて症状が分かりやすいといわれ、症状自体が出やすいという事です。勿論早期に適した治療をする重要性があるのですが、世の男性は『性感染症』という事に関する意識が女性にくらべると意識が低いので、放置した状態で日常を過ごすケースは少なくありません。

そうなるとパートナーに対して感染させていまう可能性が高いというのと、『放置』した事によって生じる最悪の状態と隣り合わせという事態になります。男性がクラミジアを放置する事により体にどのような危険が生じるのか。それは尿道炎の悪化となり、放尿時の激痛や膿(色は白)などが出てきます。その時点で『性感染症』と疑い治療をするのが賢明ですが、クラミジアが次第に体の中へ進行します。

尿道をたどり深い部分まで達すと、【前立腺炎(ぜんりつせんえん)】【副睾丸炎(ふくこうがんえん)】の症状を患ってしまいます。一般に【前立腺炎(ぜんりつせんえん)】も症状に関しては乏しい病気ですが、一方で【副睾丸炎(ふくこうがんえん)】は精巣の腫れと痛みがあります。

自身で睾丸をさわり痛み、違和感があれば注意しましょう。また【前立腺炎(ぜんりつせんえん)】のケースは残尿感、下腹部のムカムカといった症状です。発熱などは双方の症状が悪化することにより起こります。その他【血精液症(けっせいえきしょう】これは精子に血が混ざる症状です。前立腺を介して進行していく事が多いケースです。

男性の症状のを平たく挙げると
精巣が腫れる発熱が生じる尿道以外にも発症し始める

上記で記している通り、この3つだと症状がかなり進行している具合になります。
この状態でも放置していまうと、第三者への感染だけでなく、前立腺炎(ぜんりつせんえん)、血精液症(けつせいえきしょう)といった問題が発生します。

血精液症

精液内に血液が混じり、精液が赤くなる状態これが、血精液症です。出血部位の多いケースだと、精嚢(せいのう)か前立腺になります。出血した時期によって血の色も変わり、古い時期の出血だと黒系になり、固まった血液の塊が混ざるケースもあります。一方で出血が新しい場合は赤に近い鮮血です。これは射精時にも痛むのは極めて稀なケースです。しかし、射精時に痛みがあある時は炎症を起こしている可能生があります。

前立腺炎

前立腺炎は前立腺に痛み、腫れが生じる病です。医学的にも残念ながら前立腺炎の原因は明らかにされていません。しかし、細菌が尿道や血流から前立腺に広がる事で炎症を起こすケースです。前立腺炎の怖いところは時間を掛けて発症していくので、再発を起こす事もあれば、急激に進行するケースもあります。これは【急性細菌性前立腺炎】になります。

副睾丸炎

症状自体は急性と慢性の2通りに分けられます。原因は上記に記載していますが、原因はこれだけではありません。淋病を主とする化膿菌やブドウ球菌、大腸菌、感染は勿論、結核、外傷でも原因となります。急性の副睾丸炎は高熱、睾丸全体が腫れ、強い痛みを伴い痛みは下腹部や腰部にまで至ります。慢性のこ副睾丸炎は急性から移行するもの、結核性のもが慢性になるときもあります。また両側性のケースだと不妊症の原因にもなります。

女性の性器に起こるクラミジアの症状

帯下(おりもの)の変化、不正出血・性交痛・腹痛といった症状

女性
女性のケース

男性に比べると比較的クラミジアにいたっては分かりにくいというのが事実です。初期の自覚症状がほとんどないというのが一番問題視されています。症状が無いというのが正解かもしれません。その症状が無い状態で多くの女性は男性とセックスし、男性側へ広めてしまいます。いわゆる『感染』させるという事です。

こう考えると女性のクラミジアに関する患者の数が右上がりなのはもう察しがつくと思います。『放置』しているという事はクラミジア菌は悪行を重ね、更には莫大な量で繁殖を続けているという状態にあります。あふれかえった菌は子宮頸管内介して【子宮頸管炎(しきゅうけいかんえん)】を患ってしまう結果となります。悪行はこれだけではありません。

更に勢力をまし、とどまる事を知らず、卵管に侵入され重度の【卵管炎(らんかんえん)】となるきっかけとなります。【子宮頸管炎(しきゅうけいかんえん)】と【卵管炎(らんかんえん)】は不妊を招く大きな原因となります。卵管炎のケースはかなりの確率で不妊症となってしまいます。ここからも菌の悪事は加速していきます。さらに放置を続けると骨盤の内部に凄まじく感染します。

【骨盤内感染症(こつばんないかんせんしょう)】をわずらい、これは重篤な不妊症になってしまいます。クラミジアに侵されている女性が仮に妊娠したとしても、子宮外妊娠になるケースが極めて高く、感染していない女性の健全な妊娠は難しくなってしまうのが、事実といえます。放置すると妊娠を主とする臓器全体を蝕まれます、その後は腹部を上に進み肝臓への感染が始まり、次第に体がボロボロになってしまいます。

女性の症状のを平たく挙げると
尿道に炎症がおきる排尿時に尿がしみるオリモノの量が若干増える
濃いオリモノが多くなる性行為時の痛み

上記でも説明をしていますが、男性の場合は前立腺を介して感染が進行してしまいます。女性に至っては妊娠にかかわる臓器全体を蝕まれてしまいます。
クラミジアを放置して手遅れになる前に治療しましょう。

子宮頸管炎

子宮頸管炎は頸管粘膜の炎症です。実際に単独で起こる事は稀ですが、多いケースだと膣炎などから上行性感染で広がっていきます。子宮頸管は腟を介し、外と直接通じている事、分娩や人工妊娠中絶時に景観損傷を招きやすい事、特に感染には非常に弱い『子宮腟部びらん』が頸管の近くにある事から感染をうけやすとされています。以前までは淋病による事が多かったのですが、ここ最近では大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌、しかし一番多いケースは性行為によるクラミジアによるものが多くなっています。最終的には不妊の原因の引き金です。

卵管炎

卵管とは子宮の両端からお腹の中にかけて伸びているとても細い管状の臓器の事です。卵巣から呼び出した卵子を拾い、受精卵を子宮まで運ぶ通路の御役です。その卵管に炎症がおきた状態を卵管炎といいます。一般には子宮からの炎症が原因となり広がっておきる事が多いため、「子宮卵管炎」と呼ばれるケースもあります。最近はクラミジアの症状から発展し、増えている傾向にあります。

骨盤内感染症

主な原因となるのはクラミジアや淋病といわれています。性交渉によって病原体が膣、子宮頸管に感染し、子宮内膜、卵管、卵巣へ向かって広がっていく事で発症します。連鎖球菌、ブドウ球菌、大腸菌など基本的には細菌が引き金となっておこります。膣内には自浄作用があるが、免疫低下が伴うと膣内環境がみだれて、菌が繁殖しやすい環境になっていまします。最悪PIDを発症するケースもあります。

不妊症

文字通り「なかなか妊娠できない」事です。クラミジアの症状に気付けないという事は放置している事と何も変わりません。勿論クラミジアだけが不妊症の原因ではありません。不妊症の原因の一つとして挙げるのならば性交渉を介して感染してしまう事といえます。クラミジアは勿論、淋病やHIVなど、粘膜感染という感染経路になります。セックスレスなどで不妊症になるケースもありますがそれは全く別のお話です。女性にとっては酷な病気の一つです。

クラミジアの症状は性器以外にもあわられます。

クラミジアの症状は、発熱・喉の痛み・目の充血・排便時の痛みがあります。

クラミジアに感染したケースの主な症状は『性器』にあらわれます。先述した通りクラミジアの感染源は性器の粘膜のみならぬ、喉や口の粘膜、体液、なども含まれます。よって感染経路は広範囲になります。

クラミジアは性器だけでなく咽頭と呼ばれる口内にも感染します。これは主にオーラルセックスによるものです。驚きなのが性器に直接触れていなくても、咽頭と咽頭だけでも感染するというのですから、もしかするとどんなに気をつけていても難しい部分があるのかもしれません。

咽頭クラミジアの症状は喉の痛みや腫れ、発熱などを発症します。発熱などを発症し風邪の症状に似ている為に、判断がしづらい点があります。

クラミジアの関連ページ

クラミジアは自然治癒では絶対に治らない性感染症です。
感染している事を知りながら放っておくとクラミジア菌が増え、最悪のケースだとHIV感染もあります。しかしクラミジアは重い病気ではありません。クラミジアのを使う事で治す事ができます。

クラミジアの症状はいつから発症する!?

男性によるクラミジアの症状が発症するまでの潜伏期間

男性の場合、1週間~3週間程がクラミジア菌の潜伏期間です。個人差は勿論ありますが、遅い方は1ヵ月以上にもわたり潜伏するケースもあります。
なぜ、そこまで長くなるのか。それは感染したルートの違いが理由の1つです。 オーラルセックスだと潜伏期間が長くなり、発症までに時間が掛かります。それは、女性から感染するクラミジアは最初の段階で実は数が少ない、感染後に増殖し発症までの時間を要するという事です。

女性のクラミジア潜伏期間

男性と同じく1週間~3週間程です。平均では潜伏期間が約2週間となります。ここで1つ大事なのは、女性が感染した場合のクラミジア潜伏期間という情報は、あまり当てになりません。上記でもイラストで記していますが、8割の女性は症状を感じない、自覚症状がないという事です。平たく言うなら潜伏期間が分からないという事になります。

非常に稀ですが数年もの間、症状が出る事が無く潜伏していた症例も実際にあります。そこで治療にあたっての難しさがでてきます。いつの行為が原因となったのか特定すらできなくなり、クラミジア以外の性病にも掛かりやすくなる体になってしまいます。症状がないまま体内でクラミジア菌が増え続け悪行が進行する結果、妊娠した際に初めてのクラミジア検査で感染している事実を知る人も実は多いケースです。

発症まで1~3週間又は、発症しないケースで長い年月潜伏している可能性もあります。 自分も含めパートナーが発症したり、少しの事でも可能性があると考える場合にはすぐに検査をする事を心がけて下さい。クリニックまで足を運ばなくても、正確に自宅で簡単に出来る検査キットもあります。

クラミジアが完治するまでの治療期間の日数は?

カレンダー

ジスロマックは1度の服用で約1週間の効き目が持続すると言われています。薬を服用することで症状が治ったと感じられると思いますが菌を完全に死滅されるために、症状が治まっても1週間程薬を服用しましょう。完治までにはジスロマックを服用した日から約1ヵ月です。

ここで言う『完治』は見た目ではなく、クラミジアの退治が終了し3週間~4週間経過後にクラミジアの再発検査にて、陰性のケースが『完治』となります。早い人では見た目に関しては5日~7日程で変わってきます。平たく言うとジスロマックを服用した日から約1ヵ月と考えるのが良いでしょう。しかし、病状というのは個人差があり、症状や病状の進み具合で異なってきます。

治る日数イラスト

世間一般には7日ほどでクラミジアは『治療』はできます。ジスロマックにしたらクラミジアに関しての治療自体はさほど大変ではありません。早期に発見、それに見合った処置をする事で効率てきに治療することができます。

また、軽度のクラミジアの症状であれば、ジスロマックを1度服用する事で『完治』するケースも少なくありません。実は抗生剤というものは、でたらめな飲み方をすると病原菌自体の耐性を高める原因となります。

自己判断で薬の量を減らしたり、症状が目に見えないから改善したと勘違いして服用を止めるのが一番危険です。体の中に残った菌が再繁殖し結果、完治までの道のりが長くなるだけですので、用法と用量をしっかり守れば問題ありません。 ※上記のイラストで説明しているのは完全に菌を死滅させるという説明です。

TOPに戻る